« マイケル・ジャクソン 真実の姿 知っていますか? 白い肌について MJ | トップページ | マイケル・ジャクソン 裁判         … 耐えがたい屈辱 … »

マイケル・ジャクソン 裁判         … INNOCENCE …

Found Not Gulity

― 無罪であることが、明白である。―

 http://www.youtube.com/watch?v=aV8hzaYNdNM

2005年6月13日(月)午後2時10分。。以下・マイケル裁判・抜粋。。

カリフォルニア州サンタマリアの法廷内では、ロドニー・メルビル判事が評決の入った封筒をひとつひとつ開け、最高裁判所書記官のローナ・レイが評決を読みはじめた。

『訴因一 共謀院議 無罪』

『訴因二 児童に対する猥褻行為 無罪』

 『無罪』 という言葉が、合計14回、繰り返し読み上げられた。

評決が下された時、一日も欠かさず裁判の行方を見守ってきたキャサリンは、涙を流していた。

ティトはキャサリンに近づいてキスをし、ほかの家族もそれぞれ抱き合っている。

また、マイケルのファンが傍聴席の後方で、静かにすすり泣く一方、メディア関係者の大半は唖然として座っていた。

マイケルがどの容疑でも有罪にならなかったことに、かなり驚いている様子だった。

その表情を見る限り、一部のメディア関係者は、スーパースターが刑務所へ送られることを期待していたようだ。

ロドニー・メルビル判事は、威厳と明確さをもって同裁判を扱った。

裁判に関わった全員を無事に守り、いかなる妨害行為も許さなかった彼が、法廷に向けた陪審の声明を読み上げた。

 『我々陪審は、世界の目が我々に注がれる重圧を感じながら、2005年11月1日以来、この法廷内で示された証言、証拠、訴訟規則を徹底的かつ慎重に検討した。陪審員に対する説示に則り、我々は自信を持って評決に達した。我々は、この裁判が我が国の司法制度の完全性および真実性に対する信頼を証明するものであることを望んでいる。』

この言葉と共に、被告席についていたマイケルは落ち着き払った態度を取り戻した。不思議なことにマイケルは古(いにしえ)の王様のような風貌をしていた。

彼には荘厳な雰囲気があったのだ。

圧倒的な存在感を持ったマイケルは、黙って熱心に判事が読み上げる声明に耳を傾けていた。

胸を張り、身じろぎひとつしなかったスーパースター、マイケル。

その顔を間近で見た人々だけが、彼の頬にうっすらと涙が伝っているのに気づいた。

 『ジャクソンさん、あなたの保釈金は免除され、あなたは自由の身となりました』

とメルビル判事が伝えると、マイケルはこの時、12人の陪審員がすべての容疑で検察側の申し立てを却下したことに気づいた。

キング・オブ・ポップはティッシュで顔を軽く拭き、弁護団を抱き締めて感謝の念を述べると、ゆっくり出口へと足を運んだ。

。。。あなたは彼を裁けますか?マイケル・ジャクソン裁判より。。。

結局のところ、マイケル裁判で何が証明されたかと言えば、

純真な心優しき天才ミュージシャンから

多額の金銭を巻き上げるために、子供に虚偽の申し立てをさせた親がいた事実と、

その虚偽を格好のスキャンダルとして、手段をいとわず、メディアが偏向報道をしてきたという事実。

疑惑を裏付ける証拠は何も見つけられなかったし、マイケルさんに不利な証言をする人と言ったら、信用に欠ける、当初の発言から二転三転を繰り返すような一貫性のないものばかりだった。

無理もない、マイケルさんは 最初から 最後まで INNOCENCE (無実)だったんだから。

私が残念でならないのは、善意で子供たちに無償の愛を注いできただけの、何の罪もないマイケルさんが無罪が立証された今でも、枕詞に心ない中傷文がついてしまう事。

検索すると、必ずと言っていいくらい、疑惑の…とまず目に飛び込んでくることです。

もう、いい加減にして欲しいweep

こっちの方が訴えたいくらいだ。

死人に口無しなので、代弁させていただきますが、

この裁判において、マイケルさんの有罪を確定するような証拠など何一つ無かった。

身に覚えの無いことに対して 『やってないのなら証拠を見せろ』 と、

警察はマイケルさんを全裸にして体中を調べたそうです。

マイケルさんは、それで無実が証明されるならと、歯を食いしばって耐えたのです。

当然、少年の証言と一致するような証拠は、見つかりはしなかった。

反対に、原告側が金目当てに訴えを起こした、という証拠はポロポロ出てきた。

 『この計画が上手く行けば、大金が入るさ!』 そんな電話のやりとりまで、しっかりと残っていた。

では、なぜ、今でも、マイケルさんを疑っている人が多いのだろう?

原因の1つとして考えられるのは、それは、1993年に起きた事件の 『解決の仕方』 

マイケルさんは 『示談金を払う』 ことで、1993年の事件を終わらせたことで誤解されたのだ。

なぜ、マイケルさんは 『示談』 という方法を選んだのか?

1995年にダイアン・ソーヤーのインタビューでマイケルさんが語っています。

かなり、失礼な質問で見ていて気分が良くないのですが、マイケルさんがとても丁寧に真摯に答えているので、5分を過ぎたところで話しています。

  http://www.youtube.com/watch?v=fqG19ioO6r4

弁護士から 『公正な裁判は期待できない』 と言われた。

 『裁判官も陪審も頼りにならない』 と聞いて、僕は震え上がった。

なんとかこの悪夢から脱出したいと思った。

大衆紙で大勢の人が大金をもらってウソを言った。

そこで弁護士と相談して 『ケリをつけよう』 と意見が一致した。

 『7年もかかる裁判はよそう』 と。

事実、アメリカでは民事裁判の場合、被告側がものすごく不利です。

まず陪審制度という問題。

人間が人間を裁くということは、とても危険だということ。

一般市民が法廷で検察側、弁護側、双方の証拠を検証し裁定するという陪審制度は、

日本でも始まったばかりですが、偏った思考が生まれると危険が更に大きくなる。

特に民事の場合は最終目的が 『お金』 ということもあり、

被告の命や人生に関わるような刑事の判決とは違って、

お金持ちの有名人や大企業が被告の場合、 『どうせお金持ちなんだから…』 という心情が生まれやすく、

原告側が有利に裁定する事が非常に多くなってしまうのです。

そのうえ、民事は、法廷にあらゆる証拠・証人を持ち込む権利が原告側にあります。

 ※ 刑事の場合は、本当に重要な証拠のみ裁判官が法廷に持ち込むことを決定する。 刑事では状況証拠のみで有罪にすることは許されないが、民事では可能なのです。

すなわち、持ち込まれた証拠がすべて状況証拠に結びつくことになり、

圧倒的に被告が不利な状況になる。 

有罪判決は刑事の場合は12人全員一致が条件ですが、

民事は9人の陪審員が同意すれば有罪になる。

このことから弁護士は、民事では極力裁判まで行くことを避けて、

示談で済ませることを勧める傾向があるのです。

実際アメリカの民事訴訟で裁判まで行くケースは全体のわずか4%程度で、

実に残り96%は示談で終わっているそうです。(起こしたもん勝ち?)

裁判の仕組みは、実際に裁判になった人でなければ、あまり知る機会がありません。

自分は無実だし…、でも裁判で 『有罪』 になってしまうことがあったら?

考えるだけで、ぞっとします。 

マイケルさんは、そんないきさつで示談を選んだのでした。

ところが、示談にする。つまり、 罪を認めた。 と、メディアの偏向報道によって巧みにすり替えられてしまったのです。

マイケルさんの疑惑は、メディアの中傷記事から始まってしまいました。

 『有罪』 を恐れるあまり示談を選択したのに、皮肉にも世間からは、疑惑の目で見られることになってしまった。

すべての疑惑について、無罪を勝ち取ったというのに、天に召された今でも、報道されることのほとんどは、誤解された認識のままで表現され続けています。

とても悲しいことです。

マイケルさんの痛みを少しでも軽くしてあげたかったです。

残念でなりません。

http://www.youtube.com/watch?v=n1R22qHUcMU

|

« マイケル・ジャクソン 真実の姿 知っていますか? 白い肌について MJ | トップページ | マイケル・ジャクソン 裁判         … 耐えがたい屈辱 … »

MJ」カテゴリの記事

マイケル・ジャクソン 裁判」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/judge/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/judge/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
qdDAQeHQ

投稿: sirube | 2009年8月13日 (木) 02時25分

理不尽でなりません・・
この件でマイコーが受けた屈辱、無罪でも
彼はとても傷ついてしまったのに。
どう責任をとってくれるんでしょう。

投稿: hana | 2009年8月13日 (木) 10時01分

示談にした件では、そのとき妻だった(と思う)リサのすすめもあったようですね。
マイケルが無実というのは彼女も知っていたし信じていたけど、無駄な裁判をして悩みと苦しみを増殖させるより解放してあげたいという思いもあって、彼に「さっさと示談にして忘れましょう」みたいなことを言ったようです。

私なら、いくらお金と時間がかかっても、徹底的に戦うべき!と、励ますけどなあ。。
「示談」の意味を彼自身、あまりよくわかっていなかったとも思うんです。
でなければ、そんな危険な選択をするはずがない!

いまとなっては、後の祭りですけどね。。

投稿: はるあや | 2009年8月13日 (木) 11時38分

〉hanaさん

まったくです。
この怒りをどこにぶつければいいんでしょう?
じっとマイケルさんが耐えていたと思うと言葉が見つかりませんconfident

マイケルさんの心は清らか過ぎて、私たちの想像を遥かに超えているといしか言いようがありません。

投稿: なごみ | 2009年8月13日 (木) 11時43分

>はるあやさん

民事裁判に関しては、セレブに対しての訴訟が頻繁に起こるそうですが、まさに、マイケルさんが犠牲者になってしまったということでしょうか?
マイケルさんは無駄に裁判で時間を費やすくらいなら、示談にして、本来の自分の仕事に集中したかったんだと思います。
1993年の際には、ワールドツアーを途中で断念せざる負えなかったんです。
事実、お金はありましたからね。
相手もお金が入れば文句ないわけですから…
なのに、ウソばっかりの訴えは相次いだ。
マイケルさんは悪くないです。
あんなに優しい人を追い詰めるこの世間てどうなんだろうsign02

投稿: なごみ | 2009年8月13日 (木) 12時20分

和解金を払ったのは原告の少年を庇うためでもあったそうです。(mixiのコメントで見たのですが)
事件後、少年が学校で酷い苛めに合い、精神的におかしくなってしまったからだそうです。

どちらにしても

この裁判がマイケルの心も身体も蝕んでいったのは事実なんですよね。 本当に悔しい。

でも

彼の無罪に涙したファンも大勢いて

愛する家族が傍らにいて

どれだけ救われたでしょうね・・

これもmixiで目にしたのですが、
ジャクソンファミリーってキャサリンとジョー以外は確か皆鼻整形してますよね?(ジャーメインは違うかな?)
これはマイケルが鼻の整形について批判されていたのを庇うためだったって初めて知りました。
家族って、きょうだいって本当に素晴らしいheart01

投稿: 荻窪の友人 | 2009年8月13日 (木) 12時42分

〉荻窪の友人さん

マイケルさんが一番心配していたのは、親に支配されて、ウソの証言をしなければならなかった状況の少年のことだった。
自分が一番の被害者ですよね。
なのに、自分をおとしいれた少年に手を差し伸べるって、マイケルさんは人間だったんでしょうかshine
まさに、罪を憎んで人を憎まずの世界ですかね。
どうしたら、そんな領域に行けるんでしょうかconfident
マイケルさんは、すでに尊敬を超えた、表現ができないくらいの方でしたよね。
私も整形に関しては、まったくの問題外だと思っています。
騒ぐ意味が分からないです。
芸能人で整形していない人の方が希少じゃないですか?
いちいち、おかしな報道してましたよね。
こっちが恥ずかしいです。
マイケルのお母さま、キャサリンさんはどんな思いだったんだろうと、母親の身になって考えてしまいました。

投稿: なごみ | 2009年8月13日 (木) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1234077/30876418

この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・ジャクソン 裁判         … INNOCENCE …:

« マイケル・ジャクソン 真実の姿 知っていますか? 白い肌について MJ | トップページ | マイケル・ジャクソン 裁判         … 耐えがたい屈辱 … »