« マイケル・ジャクソン ♪ Give Love on Christmas Day ♪ | トップページ | 故マイケルさんの『キャプテンEO』来年2月より米ディズニーランドで期間限定で復活が正式に決定! - シネマトゥデイ »

2009年 国連気候変動コペンハーゲン会議

2009年12月7日~18日にかけて、コペンハーゲン会議、すなわち国連気候変動枠組条約第15回締約国会合、および京都議定書第5回締約国会議が開催されました。

「京都議定書」の第一約束期間(2008年~2012年)が終わる2013年以降、国際社会は、どのような国際協定のもとに、温暖化問題の解決に取り組んでいくのか。

「京都議定書」に続く、その「第二の枠組み」に合意できるかどうかが、今回のコペンハーゲン会議の最大のポイントです。

新しい議定書などの「法的拘束力のある合意」は困難であり、暫定的な「政治的合意」を目指すべき、という主張も見られますが、そのようなことになれば、ますます将来の世代に温暖化のツケを残してしまう可能性が高まります。

世界中の人々が自然と共に豊かに暮らすことができる「緑の地球」を残せるかどうか。

世界はコペンハーゲン会議において、地球の未来を左右するほどの、重要な選択をすることになります。

やはり、「採択」ではなく、「承認」という形をとることになりましたdownwardleft

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091219-00000069-mai-int

1992年の6月。

ブラジル、リオ・デ・ジャネイロ。

環境と開発に関する国連会議(環境サミット)に集まった世界の指導者たちを前に、当時12歳の少女、セヴァン・カリス・スズキのメッセージです。

http://www.youtube.com/watch?v=XjlUyVnDGIA

1974年 カナダ・バンクーバー生まれの日系4世。

遺伝学者の環境活動家の父親を持ち、幼いころから南極やアフリカ、南米などを家族で訪れたなかで、自然と共存する人々の暮らしに感銘を受ける。

そして同時にそれらの自然を壊して行く現実社会に心を痛めた彼女は、アマゾンへの旅をきっかけに、9歳でECO(Enviromental Children Organization)という環境学習グループを立ち上げる。

1992年、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで「自分たちの将来が決められる会議」が開かれることを聞き、「子供こそがその会議に参加すべき!」と自分たちで費用を貯め、「地球環境サミット」へ赴いた。

NGOブースでの粘り強いアピール活動が実を結び、サミット最終日、彼女は「子供代表」としてスピーチするチャンスを得た。

12歳にして大人を圧倒させた感動的なスピーチは、「リオの伝説のスピーチ」として、拍手喝采を浴び世界中で紹介されることとなる。

彼女は2002年5月、米国コネチカット州イエール大学を卒業。

2002年11月来日、現在も若者のエコリーダーとして積極的に活動している。

“どうやって直すのか わからないものを もう壊し続けるのはやめてください!”

やはり、子供の純真な訴えは、心に響いてきます。

私たちが、すぐ出来ることはなんでしょう?

one 冷房の温度を1℃高く、暖房の温度を1℃低く設定する。

 bud年間約33kgのCO2の削減 → 年間で約1,800円の節約にmoneybag

two 通勤や買い物の際に公共交通機関を利用する。

 bud週2日往復8kmの車の運転をやめると → 年間約184kgのCO2の削減

three 1日5分のアイドリングストップを行なう。

 bud年間約39kgのCO2の削減 → 年間で約1,900円の節約にmoneybag

four 主電源を切りましょう。長時間使わない時は、コンセントを抜きましょう。

five シャワーを1日1分家族全員が減らす。(身体を洗っている間、お湯を止めておく)

six お風呂の残り湯を洗濯・庭の水やり・トイレの水などに使う。

seven 炊飯器・ポットの保温をやめる。

eight 家族が同じ部屋で団らんし、冷暖房と照明の利用を2割減らす。

 bud年間約238kgのCO2の削減 → 年間で約10,400円の節約にmoneybag

nine 買い物袋を持ち歩き、省包装の野菜を選ぶ。

他にも、私は、マイ箸・マイ水筒でペットボトルは極力買いません。

ゴミを出さない努力をしています。

地球は未来の子供たちから、貸していただいているものです。

大切にして、未来の子供たちに返します。

なごみでしたclover

 

 

|

« マイケル・ジャクソン ♪ Give Love on Christmas Day ♪ | トップページ | 故マイケルさんの『キャプテンEO』来年2月より米ディズニーランドで期間限定で復活が正式に決定! - シネマトゥデイ »

地球のためにできること」カテゴリの記事

コメント

この少女のスピーチ、感動して泣けました。

子供なのに、驚くほどの説得力と力強さですねsign01
お父さんが環境活動家ということもあって、きっと私たち以上に環境問題についても詳しいのでしょうね。

マイケルも、環境は「あともどりできなくなる」(ある時点で、ということでしょうけれど)と言っているので、とても深刻な問題ですね!

私も少しでも気をつけたいと思っているのですが、このリストの中で私が心がけているのは④、⑥、⑧、⑨くらいでしょうか。(車にはほとんど乗らないので)

⑦の炊飯器とポットの保温は・・・いまんとこ寒いからやめられないかなあ・・・

投稿: タラ | 2009年12月20日 (日) 10時08分

〉タラさん

17年も前から、このテーマに取り組んでいたんですよね。
私たちも気がついた今がチャンスです。
無理をすると思うと続きませんが、慣れてしまうと普通に出来てしまうものです。
エコが特別でないことにしたいです。

PS.この中の1つでも気に掛けることが重要だと思います。全部できなくてもいいんですよheart04

投稿: なごみ | 2009年12月20日 (日) 10時55分

コペンハーゲン会議は、残念ながら「留意する」で終わってしまいましたね。
でも物事は、すんなりとうまい方向には行かないものです。

徐々に時間をかけて話し合い、マイケルにとっても私たちにとっても大事な環境問題に向けて、いい決議がなされることを祈っています。

このセヴァンちゃんのスピーチには脱帽です。
こうやって、子供たちから学ぶことって多いんですよね。マイケルもそうだったに違いありません。

この9項目、出来ていることもあるのですが、例えばポットの保温を抜いておくと、母が入れちゃってます(笑)
家族って難しい!wobbly

投稿: ルンルン | 2009年12月20日 (日) 20時37分

〉ルンルンさん

人間は、気付いて変えていける力があると思うのです。
昨日は気がつかなくても、今日は気付くことって沢山ありますよね。
昨日出来なかったことを悩むより、今出来ることを前向きに考える。
毎日がその繰り返し。
私も、続けます、気付くことの楽しみhappy01

投稿: なごみ | 2009年12月20日 (日) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1234077/32668245

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年 国連気候変動コペンハーゲン会議:

« マイケル・ジャクソン ♪ Give Love on Christmas Day ♪ | トップページ | 故マイケルさんの『キャプテンEO』来年2月より米ディズニーランドで期間限定で復活が正式に決定! - シネマトゥデイ »