« マイケル・ジャクソン             ♪ The Girl Is Mine♪ | トップページ | 豊かな心をもった自立した人間を育てるために »

マイケル・ジャクソンの元妻デビー・ロウ 名誉棄損訴訟で勝訴 - シネマトゥデイ

2010年3月4日の記事ですdownwardleft

マイケル・ジャクソンの元妻デビー・ロウ 名誉棄損訴訟で勝訴 - シネマトゥデイ.

これって、知人がネタを提供したってことですよね。

どうして、知人のメールや個人的な話を売ってお金に変えようとするんだろう?

デビーも静かに生活できないでいるのでしょう…

私の身にそんなことが起きたら、人間不信になっちゃうだろうな?

どの程度の知人なんだろうか、分からないけれど、他の第三者にそのメールを見せるなんてあり得ないでしょうhappy02

インタビューで公表するなんてデリカシーがないですよね。

いったい誰が味方なんだろうって、ノイローゼになりそうです。

『マイケル・ジャクソン全記録』 を読んでいると、どれだけマイケルさんがあらぬことで訴えられ続けていたのかが分かります。

少し、長文になりますが、メゼロウ弁護士のインタビューをご紹介します。

原文はこちらですがdownwardright

http://site2.mjeol.com/mj-news/mesereau-interviewed-about-michael-jackson.html

丁寧に和訳をしてくださった方から許可を頂いてこちらにご紹介します。

shineステファニ~さん、Thank you so much.shine

。。。。。。。。。。

弁護士トム・メゼロウは評判の高い人物でアメリカ国内の最優秀訴訟弁護士の1人として広く知られている。(経歴などは略します)
彼は2005年のマイケル・ジャクソン裁判を担当しました。

mobaqマイケルはどんな依頼人でしたか?彼と仕事をしたのはどんな感じですか?

 彼はとても気持ちの良い依頼人でした。とても協力的で、私やスタッフの話をきちんと聞きとても尊重してくれました。私が言える一番の欠点は彼は近寄りにくいことでした。
 時々彼はどこにいるのかわからなかった。今思えば当時彼は恐れていたり、酷く心配していたのではないかと思いますが、とても気持ちよく対応してくれました。

mobaqあのようなことを人に言われるのは酷く恐ろしいことだと思うのですが、裁判からくる一連のストレスにマイケルはどう対処していたのですか?

それは大変だったと思います。私は彼と早朝によく話をしました、と言うのは私は毎日7時半か8時には寝て3時に起きていたからです。マイケルは朝早く起きてネバーランドを散歩してリラックスし、空を月や星を眺める自然と寄り添う生活をしていて、3時か4時頃によく電話をかけてきました。
 彼は不安症になっており、明らかに当時はとても落ち込んでいて、不眠症になっていました。 これはマイケルのように深刻な犯罪と向き合った人間ならよくあることです。

mobaqアフロダイテ・ジョーンズにインタビューしたとき、彼女はこう言いました。
検察が証人としてマイケルと親しかった人や友人を喚問したこと、そして彼らが証言したということがマイケルを苦しめたと…

 酷い体験ですよ。胸が痛みます。恐ろしいことだ、彼らの証言を聞いてマイケルは自分の耳を疑いました。自分が子供を傷つけたなどと申し立てをする人がいる事が信じられなかったんです。
 自分が子供を奪うために家族をだまして閉じ込めるなどという陰謀を企てたと訴えられたことが信じられなかった。
 この裁判は、マイケルが想像することすらできないような出来事であり、そんなことで彼を起訴し、真実などしゃべらない人を証人としてよび、マイケルに対してでっち上げようとしたことで、あれは彼には恐ろしくまた落胆すべき出来事でした。

mobaq4ヶ月以上続きましたね

 ほぼ5ヶ月です。1月31日に始まり、6月半ばに終わりました。

mobaqどのくらいの頻度で裁判所へ行きましたか?

 週5日です。

mobaq無罪が読み上げられたとき、マイケルの反応は?

 その日彼はひどく恐がっているようでした。頬はこけ、弱弱しく歩いていました。 とても恐れていました。最後の「無罪」の言葉まで何も言いませんでした。
 10の重罪と4つの微罪の計14で全て無罪でした。 そのとき私たちはハグし彼は「ありがとう」と言いました。

mobaq裁判の最後の日の前にあなたは無罪を確信していたそうですが、それはどんな感じで?

 私はこの陪審は彼に有罪判決を出すことは無いだろうと確信していました。全ての項目で無罪になるかどうかはわかりませんでしたが。陪審員には感じの良い人とよくわからない人がいましたからね。彼らのことを知らないし、私は彼らの誰とも話していません。
 裁判中に彼らを観察していて、この12人の陪審員にマイケルを有罪にさせることはなにもないと。 評決を聞いているとき、そんな良い感じがしたんです、無罪になるだろうと。

mobaqacquitted(無罪であること) とnot guiltyの違いは何でしょう?

 アメリカのほとんどの州では陪審員全員が無罪か有罪か一致しなければ評決に達しない。
 カリフォルニア州では12人の陪審員が有罪か無罪かを決める。もし一致しなければ評決不能 (不一致陪審)となる。評決不能(不一致陪審)になれば有罪、無罪どちらの判決も出せず、陪審員を変えて再審議ということになる。
 全ての件で陪審は全員一致したと聞いていたし、私にはそれが無罪だと信じていたのだが、それでも本当に評決に達したと聞くまでは「この証拠で有罪には出来ない」と思う陪審員が絶対にいるはずだと強く感じるだけでした。彼らの全てが無罪に賛成するかはわからなかったけれど、全員一致で評決したと聞いたときは、全てにおいて無罪になるはずだと自分に言い聞かせていた。

mobaqマイケルについて特に人々に伝えたいことはありますか?マイケルについて、また裁判について大衆に知ってもらいたいことは?

 マイケル・ジャクソンは最も素晴らしく最も親切な人間です。彼は本当に音楽の天才である 、というだけではなく、もっとやりたいことがあった。
 彼は愛と思いやりと芸術と音楽で世界を癒し、世界を変えたかったのです。 私は彼がいたからこそこの世界がよりよい場所である、と信じています。

 彼はとても優しく親切だった。世間から見た一般概念のマイケルと、プライベイトのマイケルに分けて話しますと・・・。

 一般概念としてのマイケルは世界を変えたい人で、子供たちに焦点を当てて世界を見ていて、 もし子供たちがきちんと愛されて育てられたら、世界中の暴力や卑劣さや貧困などの重要な問題は著しく減るだろうと感じていました。彼は世界を変えるには世界中の子供にフォーカスしなければならないと考えていました。
 それが音楽と愛と人道的手段によって世界を癒そうと考えたマイケルジャクソンです。彼は歴史上もっとも偉大な人道主義者の1人です。事実、彼はギネスブックに子供への最大規模の慈善活動(金銭支援)をした人のひとりとして記録されています。
 メディアはそこには触れたがりませんがね。

 そしてプライベイトのマイケル個人、彼はひとりの人間であり子供の笑顔を見るのが好きでした。 彼は子供たちの幸せな様子が見たくてネバーランドを作りました。

 彼はまた世界的なお金持ちでもありました。彼は自分のためだけにそのお金を使う事だって出来たのです。しかし彼はそうせず、そのお金で動物園を作り、遊園地を作り、劇場をつくり、世界の子供たちに捧げるための像を作りました。彼の家で工芸品を見たら、その多くは子供たちが中心であり、彼らが幸せであるがままに尊重されていることがわかるでしょう。

 子供たちの人種や宗教、子供たちがどこの出身であるのか、どんな伝統を受け継いでいるのかなど関係なくありのままです。
 子供の笑顔を見るのが好きな人なのです。貧しい家庭で育ったスラム街の子供がネバーランドに来てキリンを見て微笑み、象を見ては笑顔になるのを見るのがうれしいのです。 アイスクリームをもらって幸せなのを見るのが好きなんです。彼はとても良い人
なのでそういうことがとても彼にとって重要なのです。

 しかし不幸なことに、それほどの才能に恵まれ、それほどのお金持ちになると強欲な鮫のような人々がやってくる。

 しかもその才能に恵まれたお金持ちが純粋(認識が甘い) であったのなら、彼がお金の問題や裁判の問題に呑み込まれたくないと思うのなら。
 彼がしたかったのはクリエイティブなこと、そして人を助けること。それがなおさら
彼を軽薄な訴訟のターゲットにしていったのです。

mobaq素晴らしいことですね。これを読んで人々に本当の彼を知ってもらいたいし、今とても彼がいなくて辛いと思っています。

 本当にそうですね。 メディアは衝撃的価値を追い求め、人々がダメになるのを見たがります。 メディアは心底マイケルが有罪になることを望んでいました。 なぜならそうなれば彼らはマイケルが刑務所でどんな姿でいて、何をしているのか、彼が自殺するだろうなどという記事が何年にも渡って書けるからです。
 いいですか、彼らはのどから手が出るほど有罪判決を望んでいました。 そして陪審員がマイケルを有罪にしたくなるよう、全ての報道を歪めようとしてきたんです。
 当時は私に対してでさえ卑劣な言葉を投げかけてきたものです。

mobaq本当ですか?

 本当ですよ。

mobaq世界がそんな風だなんて悲しむべきことです、私の言ってる意味わかりますよね?

 みんな彼の破滅で儲かろうとしていたのです。実に恐ろしいことです。 彼を無罪にできたこと、そして彼の嫌疑を晴らしたことは私の人生でもっとも誇らしいことです。
 今思えば彼にはあれから4年しかなかった、少なくとも彼は生きて子供たちと過ごし、疑いは晴れました。あの裁判はとても不当なものであり、あの訴えはまったく理にかなわない、まったく信憑性のないものです。

 私も参列しましたあの埋葬式でのことです。

 80年代にカリフォルニアでいくぶん知られた若者、彼は父親にガソリンをかけられて火をつけられ顔を含むほぼ全身に火傷を負いました。 (Dave Daveという呼び名で知られている)
 マイケルは彼の面倒を見ました。DaveDaveはマイケルの埋葬式で立ち上がって話しました。
 マイケルがいかに親切で、礼儀正しく寛大で素晴らしい人間であったかということを。

 私は世界中にマイケルからそういった扱いを受けた子供たちがいることを知りました。身体の不自由な子、病気のある子障害のある子たち。
 マイケルは彼らのために小切手を切り、そして誰もそれを公表はしませんでした。 彼は決してそういったことをしていると知らしめるためにやっていたのではありません。 彼の心がそうすることを望んでいたからしていただけです。

 マイケルは最も残酷なことをされたのです。彼の子供たちを助けたいという望みを奪い、彼の子供たちへの愛を利用して、あの裁判でしたように彼をモンスターよばわりしたのです。恐ろしいことです。

mobaqあなたは一番大切なことのために正しいことをし、彼らに背いたわけですね。

 あの場所で彼を見て裁判を見ていることは、ただただ心が痛む出来事でした。 彼が支払った代償はどれほどのものか…。彼が本当に心情的に立ち直れたかどうかは私にはわかりません。

。。。。。。。。。。

インタビューで、語られていた埋葬式での若者のエピソードを取り上げています。

http://nagomi-etc.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/--68f3.html

マイケルさんの行動は、頭で考えたことではなく、いつも心で反射的に動いていたように感じます。

http://www.youtube.com/watch?v=Dr5uzRxIHQA

やっぱり、ムーンウォーク練習しようhappy01

なごみでしたclover                                                

|

« マイケル・ジャクソン             ♪ The Girl Is Mine♪ | トップページ | 豊かな心をもった自立した人間を育てるために »

マイケル・ジャクソン 裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1234077/33629308

この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・ジャクソンの元妻デビー・ロウ 名誉棄損訴訟で勝訴 - シネマトゥデイ:

« マイケル・ジャクソン             ♪ The Girl Is Mine♪ | トップページ | 豊かな心をもった自立した人間を育てるために »