« 東京タワーに行ってきました☆夜景編☆ | トップページ | 宮崎で起きていること     ~ 現場の声 ~ »

宮崎で起きていること

宮崎県では、2010年4月20日口蹄疫発生以来、口蹄疫防疫活動により影響を受けた畜産農家に対する支援を行うために、5月14日から 『宮崎県口蹄疫被害義援金』を下記により募集しています。ご協力をお願いします。

以下、東国原宮崎知事の一番弟子・早川信吾さんの mixi 日記からの転写です。

。。。。。。。。。。

口蹄疫被害が拡大している、宮崎県の畜産農家の方の声です。


↓↓↓↓↓

今一番ありがたいのはこの現状を知ってもらうこと世論で政府を動かすしかもう手が無いんです。


消毒剤が圧倒的に足りません。

人手も圧倒的に足りません。

政府は“現場スタッフを国としても確保している”と発表してますが、一昨日までの現場スタッフ350人のほとんどは県のスタッフ。

九州農政局から3人の獣医師と20人のスタッフ、追加で30人の自衛隊。

農政局の獣医師はペーパー獣医師で現場しゃまともに牛に触ることも出来ない、追加で来た自衛隊は4日出たら2日休み実質2/3の労力。

昨日から宮崎による確保と九州各県の応援により倍の700人体勢に。

それでも殺処分対称の1割しか処分出来てません。

県も、保健所も、獣医師も、JAも、市町村も、休みなしで必死になって頑張ってます。

保健所の友人はGWどころか、発生からずっと休み無し、6~21時の重労働。爪は割れ、消毒剤で手の皮膚が爛れ…、

それでも必死になって戦ってます。

知人の旦那さんも新婚、子供が産まれて初めてのGWも休み無しで頑張ってくれてます。

ホントに感謝しています。

それでも全然処分が追い付かないんです。

今、処分対称の10万頭のうち、20日間で処分が終わったのは1万頭にも届きません。

今1日の処分頭数が千頭。毎日発症する頭数の方が圧倒的に多いんです。

感染した牛は毎日10億個、豚は5兆個のウイルスを撒き散らします。

感染拡大が止まりません。

4月末に発症した友人の農場では、今のペースでは5月内に処分出来るかどうかと言った所です。

全て殺されてしまう。

それでも弱れば排出するウイルスが増える。

だから、殺されるのがわかってても、毎日餌をやり、ビタミンをやり、あらゆる手を尽くして少しでも牛を健康に保とうとしてます。

でも、農場全ての牛に広がり、弱い子牛から次々に弱り、死んでいきます。

死んでも処理業者も出入りできないため、死体の上に大量の石灰を乗せても、

腐敗し異臭を放ち始め、

それでも親牛は自分の子を一生懸命舐め、石灰を落とそうとします。

消毒剤の不足から、本来は牛に使わないような強い薬を大量に毎日浴びせられ、牛は毛が抜けぼろぼろになっていきます。

そんな中で、自分の家族同然の牛を殺す事も出来ず、飼い続けなければならないんです。

また、保健所や獣医師が殺処分現場に集中せざるを得ず、発症が疑われる農場の検査も出来ず、テレビや報道では50件80000頭となっていますが、俺が把握してるだけで発症の疑いがあり検査待ちの所があと40農場あります。

とにかく人手が足りないんです。

もう殺処分が追い付かないんです。

首相が激甚災害に認定し、自衛隊を出さない限り、拡大は収まりません。

「その必要があるかどうかを関係閣僚と話し合い、必要とあれば検討する」とか言ってる場合じゃないんです!!

ワクチンと言う手も有りますが、現行の法律では使えず、

しかも大臣は「参院選後の国会で立案立法を…」

とか言ってますが、その頃には国内の牛・豚・山羊・羊・鹿・猪…等の偶蹄類はいなくなってるでしょう。

皆さんにお願いです。

とにかく、今、宮崎で大変な事が起こってると言うことを、多くの人に伝えて下さい。

もう世論で政府を動かすしか方法がないんです。

資材機材も、人手も、予算も…

もう国に頼るしかないんです。

よろしくお願いします。

。。。。。。。。。。

畜産農家を、遠くから言葉でいじめるのは辞めて欲しい。

お前らのせいだとか、犯人扱いするのは、本気で辞めて欲しい

誰だって、一人としてなりたくてなった現実ではないのだから。。。

皆さんと同じ、家庭を持ち幸せに暮らしていた人達なのですから。


殺処分の様子は、本当に地獄絵図のようだった。

獣医さん達が来て、一頭一頭、注射で眠らせてその後に、さらに注射で安楽死させると思っていた。

この養豚農場には、人間よりも大きな母豚が数百頭、青年豚がさらに多く、子豚が数千頭

口蹄疫の症状の出ていないまだ元気な豚もたくさん居る


何十人と獣医師が来たけどよ。かき集められた経験の浅い獣医師たちは、母豚を怖がってまともに注射も打てんちゃが

急所は首筋の血管なのによ、柵の外から身を乗り出して、お尻に打とうとするわ、バカじゃねーか!豚だって生きちょっし痛いから、ひょいとお尻を動かして逃げるわな。

しょうがねーかいよ、俺が柵に入って豚の首をガシって押さえつけてやる始末。

危険やっちゃけど仕方ないわ


首筋に注射を打つやり方を教えたっちゃけど、ダメじゃわ・・・

もう、豚の首は、突き刺した注射のあとだらけ、痛々しいわ。豚はギャーギャー暴れるわ


ちくしょーーちくしょーーー!もっと安らかに死なせてやってくれよ。

獣医師の免許をもっちょる奴しか、殺したらいかんかいよ。

手がだせん・・・ かわいそうでよ


もちろん、ベテランの奴は上手いし、早いわぁ。


でもな、みんな目に涙を浮かべながらも作業してくれてるんよ。

命を救うための獣医師がよ。

今まで、命を助けようとがんばってきた獣医師がよ

この注射を打ったら、こいつが死ぬって分かりながら、注射を打ちこむんよ。

そりゃあ、人としてつらいし、心が痛いわなぁ。

歯を食いしばるしかないのかよ!

俺はさ、もともと出荷のための豚なら、なんとかあきらめがつくんよ。

出荷だと思えばいいちゃかい。

でも、母豚はよ。俺がこの農場に努めだしてからずっと面倒見てきたっと、性格もよく分かる。

顔見りゃ名前も、出産した回数も、病気した時、エサを腹いっぱい食って喜んだ時。

悪ん坊や、甘えん坊、気性の荒い奴、優しい奴、み~んな分かる。共に生活してきた家族やっちゃかい。


口蹄疫に感染してしまって痛々しい症状が出てる奴は、鼻や口の水疱が破けて痛いもんやからエサが食えんなっちょる。

それでも腹はへるかい、えさを探すわな。豚は鼻が命じゃ。人間で言う手のようなもんで物を探るのは鼻で探るんよ。

痛いやろうに・・・

まともにエサが食えんかい。今日まで俺が食べさせてやってた。

鼻も口元も、蹄も乳首も痛々しいのに、俺を見つめる目はやさしくてよ。

なんだか、向こうがごめんよ~言ってるみたいや。ありがとう言ってるのかなぁ(T-T)


注射打たれる姿に耐えられんで離れたところから見てたら、獣医師の腕をふりほどいて、こっちに走ってくっとよ。

ひずめが炎症起こして血を流してるもんは、痛いから立ち上がれんでずっと横になってギャーギャー言ってる。

でも、立ち上がらせて殺処分するところまで連れて行かんと、重いかいよ。

まず鎮痛剤打つっちゃわ。

したら、痛みが取れるもんじゃかい。ひょいっと立ち上がる。でも蹄からも血が出て、腐りよっかい


蹄が取れていくとど・・・赤くなった蹄だけが地面に転がってるんやど・・・

それでも、蹄が無くなった足で、俺の所に駆け寄ってくる


はやくなんとかしちゃれよーーーー!(T-T)


ある程度の大きさの奴は、電気で殺すっちゃわぁ

でっかい火ばさみみたいな物で、まず頭を挟んでな、スイッチを入れると高圧電流が流れ、失神する。

そしてそのあとに、胸の所を挟んで、心臓に電流を流すとガタガタガタとしびれて心臓を止めて殺すとど・・・かわいそうやんけ。

さっきまで、元気で、震えて泣きよったやつが。突然静かに死体となるんよ。


たださ、時々、その動かなくなった豚を運んでたり、穴の中に落とした時に、生き返って動き出すやつがおるんよ。

気絶してただけなんやろうな。哀れでなぁ、また殺さにゃいかんし・・・。


まだまだ元気な奴らはさ、どんどん穴ん中に落としていく、みんなで板を使って追いやって穴に落としていく。

一番下に落とされた豚たちは、熱と重さで圧死ししていくけどよ。

後から後から落とされた豚は、どんどんジャンプして穴から必死に飛び出ようとするんよ。

だから、上からブルーシートをかぶせてよ、コンパネの板を上において、飛び出してこんように、俺たち人間が上に乗るっちゃわぁ・・・

それでん、下から・・ドンっ!ドンっ!て必死にぶつかってくっとよ。


そのすきにブルーシートの隙間からホースを入れて、中にガスを流し込むとよ、すると

だんだん静かになってきてよ、しばらくするとシーンとなるんよ(T-T)


作業員達があちこちで、殺処分をしていってる 地獄を描いてる絵があるわぁ。鬼が人間をいたぶっている絵よ。あのまんまって感じ(~-~;


豚舎の中が、ギャーギャーって今まで聞いた事もないような泣き声があちこちから聞こえるかいよ。

赤ちゃん子豚が不安な目でジッとしちょっちゃわ。


病気に感染した奴は、蹄から血を流して痛いし、口が使えんもんやから コロっコロっ死んでいく。

死んだ子豚をここ数日何頭拾って歩いただろう


それでも、感染していない元気な奴もいっぱいおる。


殺さにゃいかんとか・・・

本当に、この子達を殺さにゃいかんとか!

周りの異常な雰囲気を感じちょっちゃろうね

ひょいっと両手で掴み上げるわ

すると、身体をグッと堅くして、俺の目を見るっちゃけどよ、小刻みに震えてるのが手のひらに伝わってくるとよ。


ごめんなぁ、ごめんなぁ。俺が泣き出してよぉ

その身体に注射針が刺されて、静かに、ぐったりと手の中で重みだけを感じる物体になる

もうどんだけの涙が流れ出たかわからん


あと、残ってた1200頭は、ウィンドレスの豚舎じゃかい

帰ってくる時・・・空気を送り込むファンのスイッチを切ってきた。


家に帰ってよ。風呂に入ってよ。飯はよう食わんかい。焼酎飲みながらテレビをみてるとよ


いつのまにかボロボロボロ泣いてるっちゃわ


今頃、静かに窒息死していってるんだろうなぁ・・・・。

お前よ。豚は言葉がしゃべれんけんどよ。

もしもよ、お前の子供をよ、「なんで?」って言われながらよ。

国からの指示やかい言うて・・・大好きなのに・・・手の中で殺せるか。


まだ、口蹄疫の感染拡大は収まらない

今もまだ、毎日毎日、牛や豚が殺処分されていく

そして全ての農家で、こんな味わいたくもない体験を味わってる

なぜ、農場主や従業員が、中に入って一緒に処分しないといけないのか


せめて、優秀な獣医師や、テキパキ動ける自衛隊員をもっともっと送り込んでくれよ!_| ̄|○(泣)

今朝までで、126軒、11万4177頭の生き物の殺処分が言い渡された。

あなたの町には、何人の子どもが住んでいますか?

あまりにも、辛い現実です・・・・

もう、耐えられません・・・・・

。。。。。。。。。。

読んでいて、涙が止まりませんでした。

とても、他人ごとには思えません。

ニュースでは報道されない、伝わらない、現場の声です。

非常事態に至ったのは誰のせいなのか?

と、犯人探しをしている場合ではないのです。

同じ日本で起きていることです。

私たちに出来ることはないでしょうか?

宮崎県口蹄疫被害義援金

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/fukushi/fukushi/shakai_fukushi/html00165.html

東国原知事のオフィシャルブログ

http://ameblo.jp/higashi-blog/

東国原英夫twitter

http://twitter.com/higashitiji/

日本の政治家は、日本の国民のために決断をゆだねられているのです。

どうして、必要なところに税金が使われないのでしょう?

非常事態なんです。

もう、マニフェスト以前の問題じゃないでしょうか?

お願いです。

マニフェストを守ることより、まず、宮崎を救ってください。

私たちのみんなの宮崎なんです。

1日も早い終息を願います。

なごみでしたclover

|

« 東京タワーに行ってきました☆夜景編☆ | トップページ | 宮崎で起きていること     ~ 現場の声 ~ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

口蹄疫がこんなにも酷い状況とは、恥ずかしながら知りませんでした。

私も、読みながら涙しました。

私に出来る事は何だろうと考えてみました。
義援金を送ることが本当は一番いいのかもしれませんが、とりあえず国産肉を買おうと思います。(普段お肉はあまり食べないのですが)

この件で、消費がおそらく落ちてしまうでしょうdown
ますます状況が悪化してしまうのでは?と心配になります。

それから、先ずは知る事ですよねeye
私も、お友達に呼びかけてみようと思います。

投稿: メグッペ | 2010年5月21日 (金) 17時16分

毎日毎日この報道を見ていて、もっと早く動けたんじゃないかと思って残念でなりません。
行動力が今一つないのが、日本って国ですね。

募金はもうしましたが、まだ必要だったらするつもりです。

投稿: ルンルン | 2010年5月21日 (金) 20時36分

〉メグッペさん

私も読み返してまた泣きました。

私たちは、命をいただいて生きています。

食べる前の挨拶、
(この命とすべてに感謝して)いただきます。
なんですよね。

私たちが生きていくために、食べるものすべてに関わった人々(農家の方々、漁師の方々、畜産の方々、運んだ方、調理した方、買い物に行ってくれた人、買うためにお金を稼いでくれた人など)に感謝する言葉です。

いつも、お世話になっている方の緊急事態です。

その方々を助けることは、私たちの食生活を助けることに繋がると思います。

恩返しと思えばもっと意識が高まるかも知れませんね。

みんなで、宮崎の頑張っている人たちを応援しましょうね。
地産地消…地域で生産されたものを地域で消費する

国産を国民が支える循環型の協力体制が必要だと思います。


投稿: なごみ | 2010年5月21日 (金) 22時06分

〉ルンルンさん

どうしてもっと早く対処出来なかったのか?

危機管理能力が問われますね。

危機管理能力テスト見つけました。

http://contents.insurance.yahoo.co.jp/column/psychology/index.html?d=20070528


不測の事態に迅速に・的確に対処できるよう、事前に対策や手順がマニュアルされていたのでしょうか?

現在発生中の被害を最小限に食い止めること。

気になって検索しちゃいました。
http://wkp.fresheye.com/wikipedia/%E5%8D%B1%E6%A9%9F%E7%AE%A1%E7%90%86

明日、運動会だから早寝早起きするつもりなのに…

でも、知りたくなった時が、知るチャンスですよね。

投稿: なごみ | 2010年5月21日 (金) 22時37分

jaxityから来ました。

現場がこんなに辛い状況になっているとは
考えもしませんでした。
読みながら涙しました。

普段はしない義援金、送金してきました。

お知らせいただいてありがとうございました。

投稿: りさ | 2010年5月21日 (金) 23時25分

〉りささん

最近、jaxity ご無沙汰していますcoldsweats01

行きたくなりましたshine

そうなんです、普段気に留めることが無かった、コンビニの募金箱に気が付きます。

まず、気が付いて知ること。
そして、何を感じるかでその後の行動が決まります。

さっそく気が付いて、義援金を送ることが出来たのは、りささんの感受性が強いからですねheart04

マイケルも感受性の強い人だったと思っています。
テレビに映し出された、餓えに苦しむ子供たちを見て、悲しみ、心が痛み、涙したマイケル。
そして、キャサリンママに言ったんですよね。
『僕は、この子供たちを救いたい。』

その言葉通りに、マイケルは世界中を飛び回り、行く先々で孤児院や病院を訪ね、おもちゃをプレゼントしたり、寄付を惜しまなかった。

子供たちの笑顔を見たかったからhappy01
その笑顔を見ることが、マイケルの幸せだったのかも知れませんよね。

悲しい顔から、笑顔に変わって欲しい。
東国原知事の、宮崎で頑張っている皆さんの笑顔が戻るまで、私も出来ることをしていこうと思います。


投稿: なごみ | 2010年5月22日 (土) 01時05分

なごみさん ありがとう。
わずかなことしか知りませんでした。こんなにひどい状態になっているなんて。私たちの食生活を支えてくださっている方々に、恩返しする番ですね。

投稿: グラニーパンケーキ | 2010年5月24日 (月) 06時32分

〉グラニーパンケーキさん

ありがとうheart04

本当に知らないでいる、無関心でいることが状況を悪くするんだなと、思いました。

宮崎で起きている事は他人事ではなく、自分ごと。
今まで、どれだけ食生活を支えて下さっていたのでしょうか?

スーパーに行けば普通にお肉が売っています。
あまりにも簡単に手に入るので、ここに至るまでのプロセスなんて考えてもみませんでした。

今日の食卓にたどり着くまで、いったいどれだけの方々がどれだけ汗を流されているのでしょう?

お世話になっていたのは自分だけじゃないですよね。
ずっと以前から、親も祖母も…

気持ち良く、恩返しがしたいですね。

投稿: なごみ | 2010年5月24日 (月) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1234077/34793724

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎で起きていること:

« 東京タワーに行ってきました☆夜景編☆ | トップページ | 宮崎で起きていること     ~ 現場の声 ~ »