« 自己成長のための心理学         ~ ③自立(生まれ変わり) ~ | トップページ | もうすぐ、お誕生日がやってきます☆ »

自己成長のための心理学         ~ ④自立(デッドゾーンの向こう側) ~

人生には一生懸命やってきたんだけど、もう限界かな? と感じることがあります。

乗り越えられない大きな壁に遭遇する時期をデッドゾーンと呼びます。

デッドゾーンは自立の最終段階で、この時期では、義務と役割にはまったり、燃え尽きてしまったような感じを受けたり、失敗ばかりを悔んだり、すべて投げ出したくなるような絶望を感じてしまいます。

恋人関係でいうならば、倦怠期でしょうか?

会話もなく二人でいる意味も分からぬまま惰性で過ごしているような虚しさを感じてしまう頃。

二人の間に愛を感じないようになってコミュニケーションも無くなってしまった関係。

『もう終わりにしましょう…』と切り出され、愛の灯が今にも消えてしまいそうな状態。

夫婦関係で例えると、お父さん、お母さんの役割。

給料を持ってくる側、家事をする側の役割にこだわってしまい、義務感に追われているうちに、いつしか二人の間に倦怠期が訪れる時期。

仮面夫婦も二人の愛が冷めてしまっているので、夫婦としての関係はデッドゾーンということですね。

仕事関係では、一生懸命にやっている仕事の中に満足感が感じられなくなり、ただ疲れと今までの苦労の意味の無さを感じてしまう時期。

『私は、この10年間、何のために働いてきたのだろう?』という感じです。

そして、仕事にやりがいを見出せず、義務と役割にはまり込んでしまいます。

どんな場合であっても、デッドゾーンに来るまでは、二人の関係を修復しようと誤解やすれ違いをなくそうと努力をしてきたし、仕事でも頑張っているのです。

自分なりに努力してみたものの、上手くいかない、だから余計に傷ついたのです。

デッドゾーンでは、あきらめ、絶望、義務と役割、燃え尽きた感じ、疲れなどを感じます。

この、とっても苦しい状況のデッドゾーンを乗り越えるためのヒントを探してみました。

ひとつは、ビジョン(将来の構想や理想)を持つことです。

恋人関係でのデッドゾーンは、二人の未来に諦めと絶望を感じています。

二人の関係を改善するために努力しようと思っても、デッドゾーンにはまっているとき、疲れきって打たれ弱くなっていますから、ちょっとした失敗や、相手の反応の悪さでも過敏に反応してしまい余計に落ち込んでしまいます。

こんなときに、ビジョンを持てるかどうかです。

たとえば、冷めきった二人の関係が癒されて、見栄を張らずありのままの彼を愛せるようになりたい、そして、素のままの自分で彼に接するようになり、そして幸せに暮らしたい。

というような、このデッドゾーンを乗り切って、あの人と楽しく暮らしたい。

自分が本当に望んでいるビジョンを描くと良いのです。

本当に苦しいです。

でも、苦しい中でも、痛みを癒したり、コミュニケーションや、コミットメントなどに取り組んでいく必要がある場合に、ビジョンが大きく影響してきます。

分かりやすく、ご紹介すると。

夏にテレビで高校野球を放送していますが、甲子園で優勝するようなチームは当然練習もたくさんしています。

春・夏・秋・冬と暑い日も寒い日も晴れていても雨であっても、毎日欠かさず練習をしています。

朝早くから練習、昼は休憩時間にも筋肉アップトレーニング、放課後は夜遅くまで練習、もしかしたら、自宅に帰ってからも寝る時間も惜しんで自主練習をしているかも知れません。

1,000本ノックに、グランド50周、腕立て、腹筋、うさぎ跳び等々、ありとあらゆる特訓をします。

なぜなら、甲子園に行きたいから、試合に勝ちたいという目標や夢があるから。

もし、甲子園も試合も無く、ただひたすら、1,000本ノックに、グランド50周、腕立て、腹筋、うさぎ跳びの日々だったらどうでしょう?

何のために、こんな厳しい練習をしているのか、わかりませんよね。

要するに、何のためにこのデッドゾーンを超えたいのか、そのビジョンを明確に描くことでデッドゾーンを超える可能性が大きくなっていきます。

もうひとつは、誰かに助けを求めることです。

だって、デッドゾーンに来たってことは、自分なりに頑張って工夫をしてみたけど…、だけど上手くいかなかったから…、ひとり、落ち込んでいるわけです。

自分のやり方や、発想には答えが見つからなかったということ。

ですから、自分のやり方や、自分ひとりでこの問題を乗り切ろうと考えず、誰かに助けを求め、違うやり方や、違う発想を取り入れることが非常に大事なのです。

デッドゾーンの中で、自分なりの答えを見つけようとしても、出てくる答えはネガティブなものばかりで、ますます諦めや絶望の深みにはまってしまうことも多くあります。

手を差し伸べてくれる、希望という別の可能性を提案したり、話を聞いてくれる誰かの存在が必要です。

そうはいっても、周りにそんな人がいないとか、デッドゾーンは自立の最終段階なので、自立したいマインドが強い方も多く、『人の助けは借りたくない自分で何とかしよう』とかたくなに他人の介入を拒む場合もあります。

確かに、自分で何とかしようという心や、プライドも大切ですが、それよりも問題を乗り切ること、解決すること、楽になること、幸せを感じることの方が先決なのです。

誰かに助けを求めると言っても、おんぶに抱っこをするわけではなくて、参考にしてみる。

広く情報を求めて、最善の方法を模索するという意味なので、結局乗り切るのは自分の力なんですから、遠慮せずに誰かに助けてもらいましょう。

デッドゾーンという大きな壁を乗り越えた向こう側には、乗り越えただけのあなたが納得のいく答えが待っていることでしょう。

新たな出逢いや希望、人それぞれ待っていることは違いますが、確実に以前の自分とはレベルが上がっているので、より強く、優しく、大きくなっている自分を感じることは間違いないでしょう。

乗り越えられたという充実感、満足感、達成感によって、出来る自分の姿に自信が湧いてきます。

そして、感謝を込めて、今度は周りの方に手を差し伸べることもできるはずです。

こうして、相互依存の関係に身を置けるようになると、あなたも私もお互い様だと認め合う気持ちが持てるようになっていきます。

昔、自分が苦しんでいたこと、そして乗り越えたこと、たくさんの周りの人たちが手を差し伸べてくれたこと、そして今の自分が存在していることが、有難くて仕方ないのです。

ここまでくると、どうでしょう?

もし、次にデッドゾーンが訪れたとしても、乗り切れるような感じが心に刻まれませんか?

もう、怖くないですよね。

だって、同士がたくさんいるんですよ!

あの人も助けを必要としているのかも知れません。

恥ずかしがらずに、手を繋いでくださいねwink

今のあなたは、昔の私なのです。

みんな繋がっているんです。

<a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm9058992">【ニコニコ動画】【pt.2】♪Beautiful Girl ♪(FOXNewsマイケル独占インタビュー2005年より)</a>

<a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm9131843">【ニコニコ動画】【pt.3】FOXNewsマイケル独占インタビュー(和訳)2005年Michael_Jackson</a>

<a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm9193920">【ニコニコ動画】【pt.4】FOXNewsマイケル独占インタビュー(和訳)2005年Michael_Jackson</a>

もうすぐ、マイケルの誕生日なんです。

私が、ちゃんと心の目でマイケルを理解したのは、彼が天に召されてからです。

マイケルは、とても真摯な、謙虚な人だったと思います。

尊敬していますし、これからもお手本にしていきたい大事な方です。

マイケルが体験したであろう、デッドゾーンがいかなるものであったかはマイケルでしか分からないことですが、絶望の中でも、諦めること無く前向きに生きた姿には、人間の強さを感じます。

周りの人に裏切られ続けたのに、悲しいです、とか、傷つきます、とか…

決して、相手を責めていなかったように思います。

いろいろと攻撃されて自分が傷ついたから、自分は相手に同じことは出来なかったのかな?

神様は、その人が乗り越えられない試練は与えないと聞いたことがあります。

そう信じていることが、自立への糸口になるかも知れません。

あらゆる分野で成功している人の価値観は、共通しているのでしょうね。

自分に負けない強さだったりするのかな?

もっと自分に対して強くなりたい。

なごみでしたclover

|

« 自己成長のための心理学         ~ ③自立(生まれ変わり) ~ | トップページ | もうすぐ、お誕生日がやってきます☆ »

MJ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1234077/36363964

この記事へのトラックバック一覧です: 自己成長のための心理学         ~ ④自立(デッドゾーンの向こう側) ~:

« 自己成長のための心理学         ~ ③自立(生まれ変わり) ~ | トップページ | もうすぐ、お誕生日がやってきます☆ »