« 2010年 12月 の新月☆        。。。PART 2。。。 | トップページ | お台場 & 東京タワーのイルミネーションを見に行ってきました☆ »

あなたは信頼される人間ですか?

shine信頼される人間になるshine

人の信頼を得るためには、まず信頼に足りる人間であることから出発しなければなりません。

しかし、信頼というのは相手が抱くものですから、まずは確固たる自分を自ら作り上げることから始める必要があります。

だいたい35歳までの若い世代は 『信頼されるクセをつけること』

1. 約束を守ること

2. 学びを好み、働くことに積極的で、何より素直でいること

3. 論理的、現実的であること

4. 不平や不満を言わず、感情的にならず、プラス発想であること

5. 居どころ(連絡が取れるところ)がはっきりしていること

以上の5つを守ることです。

35歳以降の壮年期になりますと、 『信頼される行動をとること』 が目標になります。

35歳までの段階をキチンと過ごすことができていると、かなりの信頼感を得ているはずです。

しかし、信頼とは築くのが難しく、壊すのはとても簡単です。

そこで、気をつけておきたいことに、

1. 逃げない、言い訳をしない

2. どんなことにも前向きに誠心誠意をもって取り組む

3. 損得より善なる行動をとる

4. 自信を持つ

5. 他人の欠点を指摘したり、悪口を言ってはいけない

などを念頭に置く必要があるでしょう。

一度に全部は無理でも、少しずつ出来ることを増やしていければいいのです。

55歳以降となると、いよいよ人間としても総仕上げの時期となります。

この時期のテーマはまさに 『信頼される人間になること』 です。

1. 誰もが納得する哲学をもつ (ものを大切にする、感謝の心など…)

2. 他人の足を引っ張らない

3. 「我」 よりも 「公」 を大事にする

4. 謙虚であり、出処進退がきれいである

5. 与えることを好む (見返りを求めず)

以上のことが、ポイントになります。

このようにして、普段から信頼される人間になるようにコツコツと努力を続けていますと、苦境に陥ることも少なくなりますし、仮に陥っても、周りの人が必ず助けてくれるはずです。

他人の目に映る自分の姿は、自分の思っている姿と同じではないかも知れません。

初めから100%の理解を相手に求めるのは無理があるでしょう。

不思議と短期間に理解が深まる出逢いもあれば、なかなか理解し合えない出逢いもあります。

何か、違和感を感じた時にはお互いに歩み寄り、信頼を深める必要があるでしょう。

それには、相手の話を聞くという作業が不可欠になります。

自分の気持ちは自分が一番理解しているはずです。

相手の話を真摯に聞くことができたら、理解も深まり信頼関係も築けるでしょう。

相手の心の中が手に取るように分かるはずもないのと同じように、自分の心の中も相手に分かるはずありませんよね、ですから、お互い話もしないうちに勝手な思い込みで自滅しないことです。

一番迷惑をしているのは、当事者より、周りの人達だと思います。

私には、最近周りを見る余裕が欠けていたのだと、反省しきりです。

自分事に振り回されているうちに、自分の立ち位置をしっかりと踏みしめられなかったのです。

もっと、大人の対処がとれるように、日々、謙虚に学んでいきたいとあらためて考えさせられました。

ただ、いつでも、どこにいても 信頼されなくちゃ、こうしなければ、こうあるべきだと緊張ばかりしていては、さすがに精神的に疲れてしまします。

やはり、出逢う人が自分を100%理解していただくことは奇跡なので、今、自分を理解してくれている温かい関係の人を大事にしていこうと思います。

今日は、クリスマス前に美味しいrestaurantディナー&イルミネーションshineを楽しんじゃうよ~happy01

なごみでしたclover

|

« 2010年 12月 の新月☆        。。。PART 2。。。 | トップページ | お台場 & 東京タワーのイルミネーションを見に行ってきました☆ »

仕事」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

心訓・人生の教訓・今日の目標etc」カテゴリの記事

豊かな人間関係」カテゴリの記事

コメント

なごみさん
何があったのかはわかりませんが、
そうやって自分を振り返り反省できるのは素晴らしいことだと思います!
今日見た映画&トークの中で「良くなるために悪くなる」という言葉があって
すごく納得させられました。
失敗や挫折から見えてくるものがありますし、そこから軌道修正ができれば結果オーライですよね♪

暖かい関係が持てるのは財産だと私も思っています^^

投稿: ゆめ | 2010年12月12日 (日) 01時51分

〉ゆめさん

ありがとうございます。
そうなんです、この年になると注意してくれる人も数少なくなり、自分で修正できる力がないとなかなか変われません。
自分が信じてきて行動してきたこともベストだなんて思ってもいませんが、自分の中では納得して今できる範囲でベストな方法はと考えているつもりです。

ただ、それが時として独りよがりで周りに迷惑をかけているのだとしたら、とても悲しかったのです。

いつも、自信を持って前向きに行動し、少し今より前に焦点を合わせて考えを巡らせてしまいます。
それは、小さいころから両親に頼れなかったこともあり、長女の私が責任を負うことが多かったことや、今の仕事をなるべく早めに片づけることで、次に急な仕事が入ってきたときに対処できるようにと癖が付いているからだと思います。

でも、人によってはすぐそこの、ついさっきの事に囚われて、前に進めないでいることが目に付いてしまい、その人とは少し距離を置いたりしていました。

それがまた、裏目に…

私はどちらかというと、単刀直入で「今、この状態なのでこのようにできるか!」と逃げ場のない言い方をしてきたのかも知れません。
事実、職場ですから、基本的に仕事をこなしていくのが本来の姿です。
頼まれた仕事を断るということは、他の誰かにその仕事が回るということになります。
これが、同じ職場としては困るのです。

ただ、出来ないならば、仕方ありません。
それは、出来る人がカバーするのですが…
たぶん、この調子でこの人は自分が受ける仕事を選ぶのかな?
案の定、途中で投げ出して、ルール違反とも言える方法で肝心の迷惑を被っている私たちに本人から説明も無いままです。

まだ、働き始めて3カ月足らずのことです。

でも、今回のことで、あらためて分かりました。
就職難のこの時代に、人材を求めている会社のほとんどは他ならぬ、仕事をこなしてくれる人を望んでいるのです。
求められて、縁あって同じスタッフをして仕事をする上で、やはり、基本の仕事を覚えてからでないと話にならないと思いました。
まず、真摯に与えられた仕事を覚え、出来ることを増やしていく、そこに集中していれば、その他の小さなことが気になることは最初のうちは無いんじゃないでしょうか?

もう少し、私に余裕があったらと、反省しきりです。
あと少しでも、愛を持って対応出来ていたら、このような行き違いは防げたんじゃないかな。
 
相手は鏡ですから、自分にも何か改善点があるはずです。
また一歩、進化していきたいと思います。
いつも、温かい言葉に感謝しています。


投稿: なごみ | 2010年12月12日 (日) 11時34分

これって全部なごみさんのオリジナルな哲学ですか?
なんかの本の引用かな、と思ったくらい、完成度(?)の高さに驚きです。
読んでいてなるほどなあとうなずくばかり。
ただ、言うはやすし、行うは難しで、なかなかそうありたいとは思ってもうまくいかないのも人間でして。
理想に近づこうとするあまり、無理するのも本末転倒なので、まずは自分に素直になることが先決かなとも。
そこから余裕も生まれてくるのではないでしょうか。

投稿: はるあや | 2010年12月16日 (木) 00時18分

さっきコメントいれたんですが、はいってますか?設定が変わったりしてます?

投稿: はるあや | 2010年12月16日 (木) 00時19分

〉はるあやさん

ありがとうございます。
そうなんです、言うのは簡単ですけど…いや、ここに辿り着くのにも長いことかかりましたよwobbly

まさか、私が作り出した哲学だなんてめっそうもない。
この5,6年ですかね、特にマイケルの哲学を感じ、色々学んできた結果の私なりの今現在の理解するところだと思います。

なにか問題を感じた時に、人のせいにするのはとても簡単です。
それは、結婚してから特に苦しんだところです。
でも、今はわかります、人に苦しまされたのではなく、そう感じる自分に苦しまされていたということが…。
でも、それは優先順位を間違えなければ簡単にクリアできたハードルだと、気付くことができたのです。
自分の考えを素直に言える状況は有難いのです。
そんな状況は奇跡に近いくらい少なくないですか?
ならば、その状況でどうするべきかではなくて、自分がどう判断できるかなのです。

『こうあるべきだ』←自分で納得できればいいのですけど、頭でわかっていても心は苦しいです。

やみくもに自分の中の正義を振りかざすのではなく、その時々で客観的に冷静に状況判断できたらいいなぁと。
自分の心にあるものがまるですべての正義であると思ってしまうと、苦しいのです。
だって自分の考え以外はNOの状態ですから。

きっと、感情的になっている証拠です。

自分の心に素直になることは大事、でも、大体の場合、自分以外の人も関わっていることがほとんどですよね。
ならば、やはりその時の状況で大人の判断で自分の行動を軌道修正してみる必要は出てくるんだと思います。
子供は素直ですよね。
お腹すいた。つまんない。いやだ。などなど
思ったことは態度にも口にも素直に出ます。
でも、大人になってからの素直には関わる相手への配慮も加わり進化するんですよね。
たまには、道を譲る知恵も覚えたりして。
しかも、素直な気持ちで譲れるようになる。
そんな領域に入ってきた感じです。
それも、大人の余裕じゃないですかね。

投稿: なごみ | 2010年12月16日 (木) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1234077/38036571

この記事へのトラックバック一覧です: あなたは信頼される人間ですか?:

« 2010年 12月 の新月☆        。。。PART 2。。。 | トップページ | お台場 & 東京タワーのイルミネーションを見に行ってきました☆ »