« 月のVOID(ボイド)に願い事はしてはいけないの? | トップページ | マイケルからのメッセージ  »

卒業の日に ~ 2011年3月11日 ~

今、世界中で日本に向けて “Pray for Japan” という言葉を投げかけてくれています。

Pray 『願う』 『祈る』

“日本のために祈ろう” と呼びかけているのです。

2011年3月11日は高校の卒業式でした。

午前中の卒業式が終わり、各教室では、卒業アルバムにサインをし合ったり、先生方と写真を撮ったりして別れを惜しんでいました。

午後2時を過ぎ、先に学校を後にした私は買い物を済ませ自宅へ。

普段より遅いランチの後、大きな地震が起きたのです。

今まで経験したことがない大きな長い時間の揺れを感じてしばらく身体が硬直し動けませんでした。

スピーカーが一台落ちて、水槽の水がこぼれて床はびしょびしょに…

でも、まず家族の安否が心配になりました。

中学校ではお別れ遠足でディズニーランドに行っていました。

学校に電話しても繋がりません。

緊急連絡網もありません。

真面目なタイプなので携帯電話を持って行きませんでした。

何も出来ません。

ただ、時間が過ぎていくばかりです。

やっと、学校に電話が繋がり、説明されたことは、在校生は体育館に避難しているが、ディズニーランドの生徒については連絡が入っていないとのこと…

交通機関が全線運行停止し、自力で帰る手段はなくなりました。

結局、生徒たちはその日、午前0時を回る頃に歩いて浦安体育館まで避難し、不安な夜を過ごしたのです。

翌日、現地までバスを手配していただき、無事に戻ってきました。

http://www.youtube.com/watch?v=O7aqSm64wU0

そして、地震が起きてから1週間後。

中学校の卒業式に参加してきました。

式の冒頭には震災の犠牲者へ1分間の黙とうが捧げられました。

卒業する1週間前のお別れ遠足中に地震に遭い。

たった一日ですが家族と連絡が取れずに取り残されたあの日。

午後3時には集合し3時半には舞浜駅から京葉線に乗って普通に家路に帰るはずでした。

地震発生後のディズニーランドでは、生徒全員の確認に時間がかかったそうです。

あの日は寒かったのですが、園内の安全確認をしているということで屋内には入れず、ずっと寒空のなか待つことしかできなかったそうです。

電話も繋がりにくく、生徒たちの受け入れ先を探すのにも手間取りました。

やっと受け入れ先が見つかったのは午前0時頃だったと後で知りました。

寒い中、暖かいココアをいただいても人数分はありません。

仲良く、分け合ったと聞いています。

避難している間は食事が取れなかったのです。

この経験は、これからの人生に大きな影響を残すことでしょう。

家族の大切さ、助け合うことの必要性、自分たちの役割。

なにより、冷静な判断で全生徒の安全を確保してくださった引率の先生方に保護者として感謝の気持ちです。

いまだ、震災の被害は続いています。

現場まで駆け付けることはできませんが、自分の居場所で出来ることはあるはずです。

被災地の復興に協力できることは率先して行動していきたい。

卒業生たちも同じ思いが心にあることでしょう。

http://www.youtube.com/watch?v=DBZQ1hQC2lw

1日も早く、被災された方々が普段の生活に戻れることを心よりお祈り申し上げます。

マイケル友だちのまりおさん、いつもありがとうございますheart04

勝手にシェアさせていただきました。

shinePray for Japanshine

なごみでしたclover

|

« 月のVOID(ボイド)に願い事はしてはいけないの? | トップページ | マイケルからのメッセージ  »

“Pray for Japan”」カテゴリの記事

コメント

ディズニー足止めは息子さんのお別れ遠足だったのですね。なんて大変なことでしょう。bearing可哀そうに。ママの心配にも心が痛みます。
What more can I give動画のご紹介もありがとございます。今こそマイケルに癒してもらいたいね。weep

投稿: koron | 2011年3月18日 (金) 21時52分

〉koronさん

3月11日にTDLへのお別れ遠足は事前に決まっていたことなので、私もキャプテンに愛に行こうかと思ったくらいです。
その日は高校の卒業式に参加していました。

連絡が取れない、今どこにいるのか確認できないのがとても不安でした。

今回の災害で家族の安否を確認できないでいる方々の心労と私の心配とは比べ物になりませんけど…
いったいどれだけの不安が被災された方々に襲いかかっているのかは想像できません。

政府も被害の規模が大き過ぎて、すみずみまで援助が行き届かない現状が続いています。
今までに経験したことのない事態ですから、問題があったら修正してより良い方向に進めていくしかありませんよね。

マイケルに癒やしてもらいたいですねhappy01

投稿: なごみ | 2011年3月18日 (金) 23時23分

なごみさんのブログ大変久しぶりですねhappy01
いつも拝見しておりますconfident
今回の地震は、長女とhouseで過ごしていました。
実は、地震があった日は、お仕事に行く日でしたが、朝食時に長女が、気分を悪くしてしまい、急遽、お休みをすることになりましたweep
最初は、職場の方々に迷惑を掛けてしまったなあと、反省の気持ちでした。
が、仕事の効率の悪い私には、娘に助けられましたweep
もし、このまま職場に行っていたら、エレベーターに閉じ込められていて、帰宅できなかったでしょうweep
(ホテルの清掃のお仕事をしています)
今は、娘に感謝の気持ちでいっぱいですhappy01
また、私の主人は、茨城県の霞ヶ浦付近のコンビニにいて、12時間近く、rvcarの中で過ごしていましたcrying
houseに着いたのは、深夜の3時でしたweep

また、主人の知り合いの奥さまの実家は、岩手県の宮古市で、houseが流されて、避難所生活を送っていますweep
今、私にできることは、募金に寄付することと、節電をすることだと思いますhappy01
お互いに、助け合いたいですねshine

投稿: あや&まいママ | 2011年3月19日 (土) 18時10分

〉あや&まいママさん

ホントにお久しぶりです。
大学受験と高校受験が重なり、私だけに使える時間が作れずにおりました…
やっと、大学も高校も決まり、卒業式を迎えるところでした。

お子様の具合は良くなりましたか?
お母さんが仕事に出るのは、ちょっと大変ですよね。
でも、その分、子供たちは助け合って自分の出来る範囲でお手伝いもしてくれるようになりますgood

みなさん、ご無事で良かった。
当初は混乱していましたが、今は冷静に判断して自分の居場所で出来ることを続けるだけですね。
おかげで我が家は早寝をしています。← 私だけかな?

計画停電に関連して交通機関の運休など…
今まで、原発に無理をさせていたことが露呈しましたね。
今まで、便利と引き換えにしてきたものがどんなものだったのか?
私たちの暮らしを根底から見直すきっかけが原発の事故だと思うと悲しいですが…

でも、私たち人類が作ったものですから、私たち人類が責任を持って最後まで対処するべきですよね。
そこから逃げることなく、諦めずに、希望を捨てずにshine

少しずつですが、確実に復興していきます。
世界中で日本を応援してくれています。
日本にいる私たちも今は、被災地のために節電・節約をはじめとした小さな協力を続けること。
大丈夫、日本は強いsign03
たったひとりのほんの小さな力は、日本全国に伝わって大きな力になると信じます。

投稿: なごみ | 2011年3月19日 (土) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1234077/39276737

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業の日に ~ 2011年3月11日 ~:

« 月のVOID(ボイド)に願い事はしてはいけないの? | トップページ | マイケルからのメッセージ  »