« 今年の中秋の名月は満月です~☆ | トップページ | 北海道に行ってきました~☆ 1日目 »

求めよ、さらば与えられん ~ 聖書の言葉から ~

今までの人生の歩みの中で、大切な人からの言葉や歴史上の偉人が残した言葉など、人それぞれに思い入れのある心に響いた言葉は、とても深い意味を持っているのだと思います。

それは、その言葉の背景にある経験について、その人に興味を持つ、関心を持つことから始まるような気がします。

私はマザー・テレサさんの名言が好きで、行き詰まって悩んでいる時や、立ち止まって前に進めない時などに、今の自分に必要な言葉を探しています。

ちょっと長いですが、私がこのブログを始めたきっかけもこの言葉の中にあります。

***** マザーテレサの言葉 *****

親切で慎み深くありなさい
あなたに出会った人がだれでも
前よりももっと気持ちよく
明るくなって帰れるようになさい
親切があなたの表情に
まなざしに、ほほえみに
温かく声をかけることばにあらわれるように
子どもにも貧しい人にも
苦しんでいる孤独な人すべてに
いつでもよろこびにあふれた笑顔をむけなさい
世話するだけでなく
あなたの心を与えなさい

**********

言葉に心を込める。

私は自分自信も笑顔で過ごしたい、そして、私の家族も、友人も、身近な大切な方々も、まだ出逢っていないこれから繋がっていくであろう人たちにまで、身体が健康で心豊かに幸せの微笑みを届けたい。

と、だいぶ記事の題名から脱線しておりますが、とにかく自分がアンテナを立てて受信したものは何かしらの意味があるんだと思います。

『 求めよ、さらば与えられん 』

今、自分は何を求めているんだろう?

私の2011年は子供たちのダブル受験から始まりました。

卒業式の3月11日は震災がありました。

震災以後、価値観が変わってきたように思います。

この半年間で今までの生活の流れを変える必要がある。

もっと生産を増やして、もっと安く、もっと早く便利に、24時間いつでも必要なものを手に入れたい。

ず~っと、求め続けていたもの。

そして、与えられてきたもの。

だけど、それは、どうしても必要なもの?

もしかしたら、かけがえのない大切なものと引き換えにしてきたのかな?

いままで、気がつかなかったこと。

見えなかったこと。

それは、見えないようにされていたことかな?

いや、みずから目をつむり見ようとしなかったこと。

ひとりの人間がこの世の中のすべてのことを熟知するのは不可能。

人間様がすべてを見通せるなんておごりは今回の震災で思い知らされたはず。

専門分野の研究者たちが深く学んでより良い方向を求め続ける、でも、もしその結果に心が存在しなかったらと思うと恐ろしくなる。

頭で考えるのと、心で考えるのとでは結果は同じだろうか?

必ずしも、答えがイコールではないのかも知れない。

『 求めよ、さらば与えられん 』

本来の意味はどういうことだろう。

~ ひたすら熱心に神に祈り求めなさい。そうすれば神は正しい心と正しい信仰とを与えて下さるでしょう。自ら積極的に努力をすれば、必ずそれにふさわしい結果が得られるでしょう。 ~

**********

マタイの福音書第7章7~11節を英語(日本語意訳)

Effective Prayer

効果のあるお祈り


7 “Keep on asking, and you will receive what you ask for. Keep on seeking, and you will find. Keep on knocking, and the door will be opened to you.

7 求め続けなさい。そうすればあなた方は求めるものを受け取ります。探し続けなさい。そうすれば見つけます。戸を叩き続けなさい。そうすればあなた方に戸が開かれます。

8 For everyone who asks, receives. Everyone who seeks, finds. And to everyone who knocks, the door will be opened.

8 なぜなら求める者は誰もが受け取るからです。探す者は誰もが見つけます。戸を叩く者には戸が開かれます。

9 “You parents -- if your children ask for a loaf of bread, do you give them a stone instead?

9 親たち、あなた方の子供がパンを求めるとき、あなた方は代わりに石を与えますか?

10 Or if they ask for a fish, do you give them a snake? Of course not!

10 あるいは子供が魚を求めるとき、あなた方は蛇を与ますか?もちろんそんなことはありません。

11 So if you sinful people know how to give good gifts to your children, how much more will your heavenly Father give good gifts to those who ask him.

11 つまりあなた方、罪深い人たちが子供に素晴らしい贈り物を与える方法を知っているのなら、あなた方の天の父は、求める人たちにどれほどたくさん、素晴らしい贈り物を与えるでしょうか。

********** 開け放つトビラ開くから転載させていただきました。

つまり、あなたが大切な人に求められたときに必要なものを喜んで与え続けている限り、神様はあなたにとって最良の贈り物を与え続けるでしょう。

あなたが求めているように、あなたの大切な人も同じように求めている、ならばあなたがして欲しいことをあなたの大切な人に惜しみなく与え続けましょう。

そして、その時に自分にとって必要な最良の神様からの贈り物を、素直に受け入れる器が求められている。

この、その時に必要な最良な贈り物がその人それぞれなんですよね。

例えば、学生時代に野球のレギュラーで大事な試合に出場するとします。

もちろん、自分のチームの勝利を望みますよね。

当然、相手のチームも勝利を望んでいるはずです。

チームの勝利のために自分ができることを実践します。

そして立ち位置の違うチームメイトが沢山います。

補欠の選手、大事な試合の直前に怪我で離脱した選手、この試合が初出場になる選手など、さまざまな状況でこの大事な試合に臨みます。

そう、神様はその人の成長に必要な試練であったり、大切な役割や使命を与えているんですよね。

だいたい後から気がつくことばかりですけど…。

たぶん必要なことしか起こらないんだと思います。

でも、この神様からの贈り物、受け身だけではありませんよね。

必ず、どっちに行くか?

選択してきませんでしたか?

そしてそれは、どちらを選んでも何かを気付くきっかけになったり、自分のレベルアップに繋がっていませんか?

今の自分があるのは、あの経験があったからだなぁ~って感じることありませんか?

自ら求めて、自ら努力して、自ら選択して得たもの。

やはり、積極的に生きてた方が経験という宝物が増えて人間の幅が広がるのではないかと思いました。

求めて、与えられたものが自分の意図するものと違う場合があったとしても、それは未来に繋がっていて階段を登る様なことと似ている。

自分の生きる時代によって求めるものが変化していくのだけれど、根幹は変わらないと思う。

まずは、健康(命)。

体が健康でなければ何も始まらない。

美味しく食べることができること、栄養が体に消化吸収されて元気であること。

そして、豊かな心。

私は3人の子育てで、想像力の大切さを知りました。

人は基本的に自分の気分や感情で動いています。

子供と向き合った時に、この気分と感情がつかめなくて苦労しました。

想像するって相手を思いやる気持ちにも繋がるし、愛情を育てる時間にもなる。

子供たちのおかげで私の心も広く豊かになったかな?

想像力を育てるには自分以外の他の存在を知る努力が不可欠だと思う。

豊かな人間関係。

人は人に磨かれる。

同じ目的意識を持った仲間の存在は支えになるし、人間の不完全な足りない部分を補い合うことができる。

いつでも最新の情報交換ができる学びの場があること。

健康な体と豊かな心、そして豊かな人間関係が保てることが誰にとっても求めていることだと思う。

『 求めよ、さらば与えられん 』

あなたの求めているものはなんですか?

もし、意識して生活していないとしたら、もったいないですよhappy01

本気で求めているのなら、行動しているはずです。

宝くじに当たりたいと家の中で思いついても、それだけでは当たるわけがない。

すぐに着替えて宝くじ売り場に行きますよねrun

宝くじを買ってはじめて当たる権利が発生するんです。

自分が求めているものが手に入らないと嘆いてばかりで、ひょっとして何もしていないのではないですか?

本気になると不思議に向かう道が見えてきたりします。

そこで、『 でも… 』 とか、『 やっぱり… 』 『 まだ… 』 とか、後ろ向きの自分に負けてしまうから求めているものに辿り着かないのに気付いていますか?

本気になった人だけが辿り着くところ。

イチロウ選手や、石川遼君、長友選手や澤選手は本気になった人たちです。

本気になって努力をした人には徹底していることがあります。

『できない』 『やらない』 理由を断つこと。

できない理由や、やらない理由が、山ほど頭に浮かぶ人いませんか?

記事を書いていて自分自身の耳が痛いですが(笑)

私はこれから、自分らしく生きることを決めました。

自分らしくというのは自分勝手とは違います。

自分の魂が喜ぶ生き方を実行したいwink

なので、本気になりますshine

みなさんもどうぞご一緒に本気になりましょうgood

なごみでしたclover

|

« 今年の中秋の名月は満月です~☆ | トップページ | 北海道に行ってきました~☆ 1日目 »

平和・愛・調和」カテゴリの記事

心訓・人生の教訓・今日の目標etc」カテゴリの記事

コメント

生まれてきた意味が本気で生きるってことだと思います。
でも、何かと理由をつけては、本気でいきてない自分。そんなとき、Michael の Heal the worldのワンフレーズがいつも心につきささります。

We Stop Existing And
Start Living

投稿: ねころりん | 2011年9月22日 (木) 17時03分

そうですね。
この世に生まれてくること自体が本気ですよね。

つい先日、北海道で結婚のお祝いに花嫁とこの曲を歌いましたnote

http://nagomi-etc.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/the-world-f9a5.html

現在の私の気持ちとして日本語に訳すと
~私たちは現状をやめて新しい生き方を始めよう~
となりました。

何か原発の意味にも感じるなぁ…


投稿: なごみ | 2011年9月23日 (金) 00時00分

私もこの聖句好きです。
「門をたたけ、されば開かれん」も。
何事も求めなくては始まらないってことですね。
ちょっと反省。

投稿: koron | 2011年9月26日 (月) 15時59分

〉koronさん

いつも子供たちには積極的にチャレンジする精神を語っているような気がするけど、肝心の自分はというと胸を張れなかったりするcoldsweats01

だんだん、徐々にでもいいから前進することhappy01
言葉に出して宣言したり、直感で行動していくうちに求めているものを引き寄せるよね♪

投稿: なごみ | 2011年9月26日 (月) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1234077/41715562

この記事へのトラックバック一覧です: 求めよ、さらば与えられん ~ 聖書の言葉から ~:

« 今年の中秋の名月は満月です~☆ | トップページ | 北海道に行ってきました~☆ 1日目 »