« 自然治癒能力を高めるには ~ 腸内環境 ~ | トップページ | 2012年  2月 の新月☆        。。。PART 1。。。 »

2012年1月7日

今日は2012年1月7日(土)

七草がゆをいただきましょう。

。。。。。。。。。。

七草がゆの由来は?

七草がゆの風習は中国伝来のもので、平安中期ごろに始まったとされています。

1月7日の『人日(じんじつ)』の日に行われる『人日の節句』の行事で、五節句のひとつです。

人日とは文字通り “人の日” という意味で、中国の前漢の時代に、元旦は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊、5日は牛、6日は馬、7日は人の日としてそれぞれ占いをたて、8日に穀を占って新年の運勢をみていたことに由来しています。

さらに、唐の時代には、人日の日に 『七種菜羹(ななしゅさいのかん)』 という若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願うようになりました。

羹はあつもの、汁という意味です。

また、官吏昇進を1月7日に決めたことから、その日の朝に 『七種菜羹』 を食べ、立身出世を願ったといいます。

この風習が日本へ伝来し、年の初めに若菜を摘んで頂戴し、自然界から新しい生命力をいただく 『若草摘み』 という日本古来の風習と結びついて 『七草がゆ』 となり、平安時代の宮中行事として 『七草がゆ』 を食べるようになりました。

そして、江戸時代になると 『人日の節句』(七草の節句) として五節句のひとつに定められ、定着していきました。

五節句 …… 江戸幕府が定めた式日で1月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽)をさします。

また、7日と言えば松の内の最後の日にあたります。

七草がゆが定着した背景には、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり、青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もあり、この日に七草がゆを食べることで、新年の無病息災を願うようになりました。

。。。。。。。。。。

ここで、春の七草をおさらいしておきましょう。

fuji セリ … 水辺の山菜で香りが良く、食欲が増進。

fuji なずな … 別名ペンペン草。

fuji ごぎょう … 別名母子草(ははこぐさ)。風邪予防や解熱効果。

fuji はこべら … 目に良いビタミンAが豊富で腹痛の薬にもなった。

fuji 仏の座 … 別名タビラコ。たんぽぽに似ていて、食物繊維が豊富。

fuji すずな … 蕪(かぶ)。ビタミンが豊富。

fuji すずしろ … 大根。消化を助け、風邪の予防のもなる。

私は上記の七草に限らず、オクラやレンコンなども加えて、食感を楽しんだり、

トッピングなどで味を変えたりしています。

シラス干しを油で軽く揚げたものをふりかけると、パリパリと香ばしくいただけますlovely

残ったら冷蔵庫で冷やして、翌日きな粉を入れてデザート感覚でいただけますよnote

基本は薄味にすることがコツですよね。

アレンジが楽しくなりますからねflair

では、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

なごみでしたclover

|

« 自然治癒能力を高めるには ~ 腸内環境 ~ | トップページ | 2012年  2月 の新月☆        。。。PART 1。。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1234077/42778386

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年1月7日:

« 自然治癒能力を高めるには ~ 腸内環境 ~ | トップページ | 2012年  2月 の新月☆        。。。PART 1。。。 »