« 2013年 今年最大の満月 ☆ スーパームーン ☆ | トップページ

自然治癒能力を高めるには ~ ステロイドとは ~

久しぶりに身体のしくみについてのお話をしたいと思います。

こちらも参考にしてくださいね。 ⇒ホルモン(内分泌)のしくみとはたらき

現在、病院(西洋医学)で処方される薬については、病気の原因が体に何らかの作用を及ぼして二次的に現れて来るものに対する対処であって、根本原因に対する対処ではありません。

皮膚科で処方される“合成”副腎皮質ホルモン、いわゆるステロイドについて、知ることになったのは、子どもがアトピー性皮膚炎の薬として処方されたからです。

その時、医師からは 『 改善が現れたらすぐに止めてください。長期間の使用はできるだけ避けてください。 』

私はその意味がよくわかりませんでしたが、もともと薬は使いたくない方でしたので短期間で止めました。

その後、医学書関連の広告代理店に勤務することになったとき、意味の重大さを知ることになったのです。

・ステロイドを使用し続けると、本来副腎からから分泌されるべき副腎皮質ホルモンが分泌されなくなる可能性がある。

では”天然の副腎皮質ホルモンが分泌されるとアトピー性皮膚炎が改善されて、万事うまくいくのでしょうか?

そのように考えてしまいますが、副腎皮質ホルモンとはそのようなものではありません。

大量に分泌されると健康に悪影響もあると判りました。

以下、本来のステロイドとはどのように生成されどのような働きをするかを説明しますので、是非参考にしていただければと思います。

【副腎皮質ホルモンが分泌される仕組み】

副腎皮質ホルモンはストレスを受けたときや、ウイルスが体内に侵入したときに分泌されるものです。

ストレス ⇒ 大脳 ⇒ 視床下部 ⇒ 副腎(ACTH)*注1

                        ↓       【 ノルアドレナリン 】

                  副腎皮質ホルモン    【 アドレナリン 】  

大脳がストレスを受けると、副腎髄質からノルアドレナリンやアドレナリンといったいわゆるストレスホルモンが分泌されます。

*注1(ACTH)副腎皮質刺激ホルモン

ストレスで血圧が上がったり、汗が出たり、動悸がしたりするのは、これらのホルモンの働きによるものなのです。

これらのホルモンが働くことでストレスに対して戦ったり逃げたりしようとするわけです。

ストレスホルモンの作用によってストレスに対して戦ったり、逃げたりして、うまくストレスが除去できればそれでいいのですが、除去できないといよいよ副腎皮質ホルモンの登場になります。

このとき視床下部からの指示で副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が下垂体から分泌され、副腎から副腎皮質ホルモンを分泌することになります。

この副腎皮質ホルモンはコルチゾールと言われています。

つまり、ストレスを受けていると、これを緩和するために副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が分泌されるということです。

ちなみに、このコルチゾールはビタミンCとコレステロールから作られています。

よくビタミンCが足りていないとストレスに過敏で怒りっぽくなるとか言われていますが、ビタミンCが足りないとコルチゾールを作る原料がないので、ストレスが癒されずそうなってしまうということです。

【副腎皮質ホルモンが体に及ぼす悪影響】

副腎皮質ホルモンが上記で述べたような作用をするだけならそれで問題はないのですが、過剰なコルチゾールは健康に悪影響を及ぼすことが最近わかってきています。

例としては次のようなものがあげられます。

・免疫反応の低下によって、風邪、インフルエンザに罹りやすくなる (アトピーは免疫の過剰反応によっておこるものなので、免疫反応を強制的に低下させると湿疹ができなくなります。ステロイドやプロトピックはこの効果で効力を発揮しているのです)

・慢性疲労に陥る

・肌が乾燥したり、毛が薄くなったりする

・生理痛が激しくなる

上記の例以外で、信憑性については確かではありませんが、物忘れが激しくなるとか、肥満、糖尿病に罹りやすくなるという説もあります。

過剰なストレスが健康によくないとされているのは、こうした理由によるもので、ストレスで体を悪くする元凶はステロイドの大量分泌にあるのです。

ステロイドを大量に使用することは危険なことです。しかも、アトピーや花粉症、喘息の患者に処方されるステロイドは合成のコルチゾールです。コルチゾールによる悪影響は上記のとおりですが、アレルギー患者に本来身体の仕組みとして分泌するものを外部から自分の体に、しかも大量に与えているとしたら。極論ですが湿疹が治るからと発がん性物質を投与しているようなものとは考えられないでしょうか。私たちの身体の機能として分泌される天然のステロイドであるコルチゾールは視床下部によって分泌量を厳密にコントロールされています。それを外部から強制的に自分の体に持ち込むことの恐ろしさを考えていただけたらと思います。

医師による説明についても不十分です私たち自身が体の不調についてもっと知る必要があると思います。

副腎皮質ホルモンが体内で過剰に生成されるのが ”善” でありません(そもそもコルチゾールはアトピーの湿疹を治すために分泌されるものではありませんので)。

アトピーは体質なので治らないからステロイドでコントロールして。。。などという説明は根本原因の除去にはならないとご理解いただけると思います"

【免疫を抑制せずにアトピーを治すこととは】

本当は薬に頼るのではなく、ストレスを避け、副腎皮質ホルモンの分泌量ができるだけ少ない状況で生活するしかありません。
免疫を抑制せずにアトピーを治すには、免疫反応の元となる異種たんぱく質を体内に侵入させなくするしかないと思います。その方法とはやはり胃腸を正常に保ち、たんぱく質を消化、排泄できるような病気を寄せ付けない本来の健康体を取り戻すこと。

毎日の食事と適度な運動に質の良い睡眠を心がけることが健康の早道だと思います。

おさらいになりますが

不安や心配、恐怖や苦痛などの 『 苦しい、つらい感情 』 を抱えると、その情報は大脳の視床下部から 『 副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン 』(CRH)がまず出て、脳下垂体から 『 副腎皮質刺激ホルモン 』(ACTH)の分泌を促します。

さらに、このホルモンが副腎皮質に刺激を与えて 『 コルチゾール 』 というストレスホルモンを分泌することになります。

つまりは、ストレスを受け続けていると、副腎皮質ホルモン(コルチゾール)の分泌がされるのが問題となると覚えておいてください。

視床下部 ⇒ 脳下垂体 ⇒ 副腎皮質 という流れがストレスの回路です。

この視床下部は、自律神経や内分泌系の中枢器官で、真下にある脳下垂体からホルモン分泌を指令します。

ストレス反応は、外敵に出会ったときにいち早く逃げたり、戦う姿勢をとる為なので、基本的には体を守ろうとする反応です。

しかし、それが長く続くことは身体にとって良いことではありません。

コルチゾールは血糖値を上昇させ、ナチュラルキラー細胞を抑制するなど免疫力を低下させ、細胞を癌化させてしまったりするのです。

人間の体は精密機械です。

身体の臓器ではあらゆる化学反応が起こって細胞を再生しています。

明日の自分は今日の自分が作っています。

なごみでしたclover

|

« 2013年 今年最大の満月 ☆ スーパームーン ☆ | トップページ

健康な体を保とう」カテゴリの記事

コメント

とってもわかりやすくてためになりました!
息子がアトピーぽいのでとても気になる記事でした!
スマホにしたのでpc表示でコメントできるようになって嬉しいです( ^∀^)

投稿: ハミィ | 2013年9月23日 (月) 22時22分

ハミィ~たん!

もうすぐ、誕生日だよねhappy01
早いね。
うちの長男が生後2ヶ月ごろからアトピー性皮膚炎だったの。
しばらく布のオムツで頑張っていたんだけどオムツかぶれがひどくなって紙おむつに切り替えました。
離乳食の野菜に気を使ったり、牛乳や卵のタンパク質は控えてましたよ。
まだ、上手に消化機能が働いていないからね。
私も後から気が付くことが多くて不安だった。
私の経験をシャアすることで少しでも今疑問に思っている人の不安が消えてくれたらと思います。
また、宮崎行きたいな!

投稿: なごみ | 2013年9月23日 (月) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1234077/47265684

この記事へのトラックバック一覧です: 自然治癒能力を高めるには ~ ステロイドとは ~:

« 2013年 今年最大の満月 ☆ スーパームーン ☆ | トップページ