Fit Line

あなたの健康をサポート  ④   ~ 亜鉛と銅の拮抗作用 ~ 

亜鉛とは、体内で働いているミネラルのひとつです。

ミネラルは体内で作り出せないので食事で補う必要があります。

亜鉛は血液中と臓器に半分ずつ存在し、不足すると臓器のストックから使われていきます。

亜鉛不足になると記憶力が低下したり味覚が衰えるだけでなく、新陳代謝が正しく行われず、傷が治りにくいなど、シミや肌荒れの原因にもなるのです。

亜鉛は身体の300種類もの新陳代謝に関わっており、不足すると年齢以上に老化が進行することにもなりかねません。

亜鉛の1日の摂取量の目安はだいたい、 mg ~ 13mg

ご自分の摂取目安量はこちらで確認してみてください。 

でも、せっかく身体に摂り入れた亜鉛が次のような原因で不足してしまう人が増えているのです。

one アルコール

アルコールを分解するのは肝臓です。この時に亜鉛が消費されていきます。

two たばこの喫煙

たばこを吸ったときに発生する活性酸素を除去する成分に亜鉛が使われます。

three ストレス

ストレスによって分泌される神経伝達物質を抑制するために亜鉛が消費されます。

four 食物繊維の摂りすぎ

野菜や海藻に豊富な食物繊維は、亜鉛を吸着して体外へ排出してしまいます。つまり、ダイエットなどで栄養不足の上に食物繊維を多く摂り過ぎている人は要注意です。

では、銅についてはどのくらい必要なのでしょう?

銅の1日の摂取量の目安はだいたい、 0.6mg ~ 0.9mg

ご自分の摂取目安量はこちらで確認してみてください。

銅というのは食べ物を摂取しなくとも、銅管を通った水道水を飲むだけで体内に取り込まれるので不足することはめったにないでしょう。

問題なのは、銅の摂取が増えるほど、亜鉛の吸収が低下するという関係です。

ストレスがシグナルとなって、肝臓では亜鉛を原料としてメタロチオネインというタンパク質が生産される。

このメタロチオネインは、体内に入り込んだ重金属をハサミのように捕まえて体外に排出しています。

つまり、血液中の亜鉛が肝臓や脳に移動し、血液中の亜鉛レベルは低下。

一方、ストレスに襲われるとき肝臓では、セルロプラスミンという大量のアミノ酸を含んだタンパク質も作られています。

セルロプラスミンは、ストレスによって発生した活性酸素という毒物を分解するために生産されます。

しかし、このセルロプラスミンは銅と結合していて、血液中に放出されることになるので、ストレスがかかるほど血液中の銅の濃度は高まることになります。

ストレスによって、血液中の亜鉛が消費され、銅が増えることになります。

普段から食事には気を使っていても、仕事や人間関係、子育てや夫婦関係などのあらゆるストレスによって体内のミネラルパランスが思いがけず崩れているかも知れません。

ミネラルはビタミンと違って『安全領域が狭い』ということに注意が必要です。

不足するミネラルは補う必要があるものの、過剰にもなりやすいという認識も覚えておいてください。

健康の維持・増進に好ましい、体内で有用な作用を発揮するとされるミネラルバランスをまとめておきます。

ribbon カルシウム:リン  ⇒ 1:1 ~ 1:2

ribbon カルシウム:マグネシウム ⇒ 2:1 ~ 3:1

ribbon カルシウム:リン:マグネシウム ⇒ 2:2:1

ribbon ナトリウム:カリウム ⇒ 1:1

ribbon 亜鉛:銅 ⇒ 8:1 ~ 10:1

今回、ミネラルについて調べてみて、あらためて栄養バランスの大切さに気付きました。

毎日の生活の状況によって私たちの身体は健康に過ごせるか、病気になってしまうかが決まります。

出来る限り、いつまでも健康で若々しい身体を保ちたいと思いますよね。

食品の素材自体に栄養素が激減しているのも事実。

上手にサプリメントを摂り入れてみることもひとつの方法かも知れません。

あまり神経質になると、それもまた、ストレスになるのでcoldsweats01

とりあえず、7月から始めたサプリンメント。

3か月過ぎた頃にはある程度の結果が望めるはずなので、またご報告しますpaper

なごみでしたclover

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あなたの健康をサポート  ③   ~ 亜鉛と銅 ~ 

私たちの身体は、さまざまな物質から構成されています。

大きく分類するならば、水分とそれ以外の固形物です。

血液や体液などの水分は体重の約60%を占め、残りの40%が固形物(内臓・骨・歯・筋肉・脂肪など)ということになります。

そして、固形物は有機物と無機物(ミネラル)に分類され、有機物はさらに糖質(炭水化物)・たんぱく質・脂質の3つに分類されます。

以上のことから、人間の身体は、水分、糖質(炭水化物)・たんぱく質・脂質、そしてミネラルから構成されていることがわかります。

私たちは人体を構成する物質を、食物から栄養素として摂り入れなければなりません。

摂り入れられた栄養素によって、身体の中で合成や分解を繰り返し、生命維持されているからです。

そして、今日は亜鉛についてご紹介します。

亜鉛は、人体のあらゆる組織細胞の中に分布しているミネラルで、多くの酵素の働きを活性化させたり、たんぱく質の合成や分解に関与する、とても重要な役割を担っています。

また、別名『セックスミネラル』とも呼ばれており、精力を高めたり男性機能改善に効果があるといわれています。

亜鉛が不足すると、新陳代謝に影響するので成長に支障をきたしたり、発育不全や味覚異常などの症状が出現します。

それは、私たちの体内で働いている酵素(2200種類以上)のうち、約300種類の酵素の補酵素として作用し、たんぱく質の合成、免疫機能の維持、各種ホルモンの分泌に深く関わっているからなのです。

たんぱく質の合成については、身体の組織を作る上で欠かせない働きをしています。

特に、核酸の合成にも関与しているので、成長そのものに大切なミネラルです。

亜鉛を、皮膚の炎症や傷口に塗布することによって治癒効果があります。

これは、組織や細胞の新陳代謝を活性化する機能があるからです。

私たちの舌には、味蕾(みらい)と呼ばれる細胞があり、食べ物の味を感知しています。

この細胞は新陳代謝が激しいため(約1ヶ月で細胞が生まれ変わるサイクル)

亜鉛の適切な働きで新しい細胞に置き換えられないと味覚に異常が現れてきます。

また、免疫力を高める働きがあるため、亜鉛が体内に不足すると風邪などの感染症に罹りやすくなってしまいます。

亜鉛によるホルモンの合成作用については、血糖値を下げるインスリンの合成に関わったり、女性ホルモンや男性ホルモンの分泌に重要な役割を果たしています。

挙げればきりがないので詳しくはこちら

はその大部分が肝臓に、残りは骨や筋肉、血液中に存在しています。

実は、鉄と同様に『血のミネラル』とも呼ばれ欠乏すると貧血の症状が起きてしまいます。

それは、銅による鉄の利用促進作用があるからなのです。

骨髄で赤血球のヘモグロビンを作る際には鉄というミネラルが不可欠です。

銅は、このヘモグロビン生成に必要な鉄を利用しやすくするのに関係しています。

銅には鉄とヘモグロビンを結び付ける作用があるため、貧血解消には鉄と一緒に銅も摂取する必要があるのです。

銅は、腸管から鉄の吸収を促進させる作用も持っています。

また、メラニン色素の生成作用、コラーゲンの生成作用、一部特定のタンパク質と結合して銅酵素となり、酸素の運搬、鉄の代謝や輸送・活性酸素の除去、神経伝達物質(ノルアドレナリン)の生産にも関与しています。

銅を含んだ酵素は酸素を活性化し、生命の根源ともいうべきATP(アデノシン三リン酸)という物質の生産も担っています。

ATPはすべての細胞内(ミトコンドリア内)に存在しています。

銅についてはこちら

かなり、難しい文面になっていますが、亜鉛も銅も関与している大事な抗酸化酵素合成作用についても少し触れさせてください。

SOD:Superoxide dismutase(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)という活性酸素除去酵素。

この酵素は体内で過酸化脂質が生成されるのを抑制しています。

亜鉛も銅も大切、そして大切なのがバランスです。

亜鉛と銅の摂取バランスの理想は 8:1~ 10:1 です。

バランスを崩して摂取すると拮抗作用により、お互いの効果を打ち消し合い、吸収や生理作用を阻害してしまうということが知られています。

次回は、過剰症と欠乏症についてご紹介します。

なごみでしたclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたの健康をサポート  ②   ~ カルシウムとマグネシウム ~ 

地球上に存在する元素のうち、水素・炭素・窒素・酸素を除いたものをミネラルといいます。

およそ100種類ある元素の中で、人の体の中に存在し、栄養素としてかかせないことがわかっているミネラルとして、現在16種類。

そのうち厚生労働省が摂取基準を決めているのは、以下の13種類です。

ナトリウム・マグネシウム・リン・カリウム・カルシウム・クロム・マンガン

鉄・銅・亜鉛・セレン・モリブデン・ヨウ素

。。。。。。。。。。農林水産省HPから抜粋 ~知っておくと便利です。食品に含まれる成分

今回は、不足すると疲れやすくなったり、なんとなく体がだるいと感じる場合が多い、マグネシウムについてご紹介します。

マグネシウムは1日の必要摂取量が約300mgと多く、生体内で300種類以上の酵素反応に関係していることが分かっています。

マグネシウムは体の機能を維持するために大切な必須ミネラルのひとつです。

このマグネシウムの欠乏に伴って、『カルシウム代謝』が乱れ、細胞内に水を吸い込み腫れた状態(細胞浮腫)になり、これが疲れやだるさとして感じたり、顔や手足のむくみとして現れるのです。

ミネラル類はお互いにバランスを保って身体機能の維持や調整をしていますがマグネシウムは特にカルシウムと密接な関わりを持っています。

筋肉の収縮は筋肉細胞の中にカルシウムが入ることによって起こります。

マグネシウムはその筋肉細胞に入るカルシウム量の調整を行っているのです。

調整がうまくいかないと筋肉の収縮がスムーズにいかず、痙攣やふるえなどの原因になります。

そして、この二つのミネラルは骨を形成する上でも大切な栄養素でありマグネシウムは骨を正常に代謝させる働きがあり、不足すると正常な状態で骨を作ることが出来ずに骨がもろくなってしまうのです。

骨粗鬆症の予防にはマグネシウムの摂取が欠かせませんね。

では、カルシウムとマグネシウムの理想的な摂取バランスはどのくらいなのか。

1日の必要量がカルシウムが600mg マグネシウムは300mg 2:1

また疫学的研究からは、乳製品の摂取量が多い米国や北欧ではカルシウムjとマグネシウムの摂取比率が 3:1 から 4:1 と高くこれらの地域では心臓疾患による死亡率が高いことが報告されています。

農林水産省のHPで自分の性別・年齢別に必要な食品成分量がわかります。

参考にしてみてください。 ~必要な食品成分

比べてみるとわかるのですが、成長期にはカルシウム摂取が重要で、働き盛りの世代になるとマグネシウムの必要摂取量が増加して逆転しています。

この青年期以後の必要量の増加は様々なストレスによって体から失われやすいマグネシウムの性質と関係があると思われます。

食品内容が偏りがちな現代では、普段の食生活から自然に必要量を摂取するのは難しいことですが、出来る限り、精製加工されていない自然に近い食品を意識し、含有量の多いヒジキなどの海藻類、ごまなどの種実類を毎日の食生活に取り入れましょうsign03

そして、ストレスを溜めないこと。

過労、睡眠不足は身体からマグネシウムを排泄させてしまいます。

ストレス解消をアルコールに頼ることも避けましょう。

汗や尿からマグネシウムが身体の外に出て行ってしまいます。

スポーツの後、疲れた時には、いつも以上にマグネシウムの補給に努めてください。

マグネシウムは老化によって減少するミネラルです。

いつまでも健康で若くあるために、常にマグネシウムの補給を心がけたいものです。

次回は銅と亜鉛についてご紹介します。

なごみでしたclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたの健康をサポート  ①   ~ リンの過剰摂取とカルシウム不足 ~ 

最近の尋常じゃない蒸し暑さに、毎年のことながら早くも夏バテ気味になるところですが…

今年に限っては、食欲も衰えず、爪の先まで栄養が行き届いているのが実感できる。

もともと、梅雨のジメジメした湿気が苦手で、夏の暑さというよりも冷房による部屋の気温と外気温との差に体温調節が追い付かず自律神経を乱して体調不良になるのがこの7月である。

今までの経験から、毎年7月・8月は食欲などなく、そばやそうめんを流しこみ、口内炎が絶えない、爪も二枚に割れて、うす紫色になっていることが多かった。

実際に今年の6月に沖縄旅行に行った初日にもめまいや頭痛など体調を崩していたことも事実。

そんな矢先、連絡を取り合っている知人から、元気になるよ!

と、薦められたのが 『Fit Line』 という粉状の栄養機能食品でした。

話題になったlivedoorのニュースがこちら

このニュースの反響は大きく、Jリーガーなどのアスリートが多く居住し、松井秀樹選手が日本に滞在するときに使用するマンション、その1階にある薬局では問い合わせが相次ぎ、代理店となって対応を始めたそうです。

コンビニで扱われているような安価で、効果など聞いたことがないサプリとは扱いが違います。

名だたるオリンピック選手が推奨するサプリと聞いて、試さない選択はありませんでした。

自分の体の体調管理も大切ですが、大切な家族の健康も守りたい。

今年は、ダブル受験を控えているので子供たちの脳にも集中力を高める作用が期待できるとあってワクワクしています。

まだ、飲み始めて1ヶ月です。

もっと知りたい私は、25日に舞浜のヒルトン東京ベイで開催された『東京ビジネスアカデミー』に参加してきました。

1950年(初訂)の日本食品標準成分表の数値を100とした場合に、1982年(4訂)または2000年(5訂)における野菜の栄養が10%~50%にまで減少していることを知りました。

つまり、現代の日本人が食生活から1日に必要なビタミン・ミネラルを摂取しようとしたら、とても沢山の量を食べなくてはならないのです。

文部科学省 の報告書も参考に自分でも調べてみました。

ファーストフードや、冷凍食品、レトルトなどの便利な食品にあふれている現代人は、空腹を満たすことは簡単ですが、それでは、栄養が偏ってしまうのです。

18 調理加工食品類を見てください。

字が細かいので、100%以上にしてごらんになってください。

無機質(ミネラル)の部分、ほとんどの加工品には、マグネシウム・亜鉛・銅・マンガンがありません。

そして、カルシウムとリンの数値についても注意してください。

カルシウムとリンの摂取バランスの理想は 1:1 です。

人間の体はカルシウムとリンとのバランスを保とうとします。

つまり、体内にリンが過剰に存在しているとき、あるいはカルシウムが不足しているとき、そのアンバランスを解消するために腎臓が血中カルシウム濃度を調整したり、副甲状腺からホルモンを分泌したりします。

それは、体内のカルシウムの貯蔵庫である、骨からカルシウムが血中に放出されるということです。

カルシウムよりもリンの数値が高いとカルシウムの排せつを促してしまうのです。

http://www.j-milk.jp/publicities/9fgd1p0000010c9d-att/9fgd1p0000012xt1.pdf#search='リンの過剰摂取'

自分の口に入れたものが、自分の体を作っています。

毎日の食事に隠れた、本当の姿・栄養のバランスを考える必要がありますね。

カルシウムの摂取と同時にリンの過剰摂取をしない努力がポイントになりそうです。

ビタミン・ミネラルは吸収しにくい上に、汗や尿で体外に排出されてしまいます。

心がけて摂取しないと、すぐに欠乏してしまうのです。

次回は、マグネシウムとカルシウムの関係についてご紹介します。

なごみでしたclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)