MJ

マイケルからのLOVE LETTER  

DEAR.なごみ.

なごみ、君はなんて悪い子なんだ!!
信じられないよ。
もういやだ。なごみ。

こんなに好きにさせるなんて。

なごみが一日何を想っているのか、
何をしているのか、
誰といるのか。
気になって落ち着かない。
苦しくて何も手につかない。

こんなに大切に想っているのに
僕がなごみを泣かせているなんて・・・・

悪い子なのは僕だね。

なごみ、僕のために何もできなかったと泣くのはやめてくれないかな。
僕と出会ってくれただけで僕は幸せだったんだ。
君が全てだったんだよ。
ありがとう。

もう泣くのはおしまい。
これ以上、僕を悪い男にしないで。


Who's bad?.... ;-D
Michael

な~んてお手紙が来たらもう…crying

一年半ぶりにマイケルネタです マイケルからのLOVE LETTER

だって、東京スカイツリータウン内で ~マイケル・ジャクソン展~ 始まってるじゃないですかshine

最後のチャンス!って…sign02

行きたいけどなぁ~confident

大丈夫、自分の思い通りになるからshine

なごみでしたclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のChristmasはマイケル・ジャクソン♪

みなさんご存知ですかsign02
今年のクリスマスはマイケル降臨ですよshine

金曜ロードショー「This Is It」放送記念
「今蘇る マイケル・ジャクソン」

SHIBUYA-AXでは幻となった彼のロンドン公演を世界で初めて一部再現。
ダンスプロデューサー、トラヴィス・ペインをはじめ、マイケルと同じステージに立つはずだったダンサーたちが8曲(予定)のパフォーマンスを披露。ロンドン公演の演出として使用予定だった3D映像(「スリラー」「スムーズ・クリミナル」「アース・ソング」)をパフォーマンスと同時に披露。さらにソニー株式会社およびソニーPCL株式会社の技術協力の下、SHIBUYA-AXの模様を汐留日本テレビの日テレホールに3D同時中継します。

●公演日時:2010年12月23日(木・祝)2回公演
 時間詳細は12月10日に発表します

●会場:
SHIBUYA-AX
日本テレビ内 日テレホール(3D中継先)

●ご招待人数(人数は予定です)
2会場、2回公演 計3,000名様

●応募方法:ごめんなさい、応募は締め切りました。
12月10日の金曜ロードショー番組内(シュレック3)で発表いたします。
キーワードのクイズに答えて、ホームページからエントリー。
抽選で当選した視聴者にハガキで案内いたします。

http://www.ntv.co.jp/kinro/mj/

------------------------

■12月24日(日テレ)
午後7時~スペシャル番組「THIS IS IT直前!蘇るマイケル・ジャクソン伝説24連発!」
午後8時30分~「THIS IS IT」地上波初放送、ノーカット版

※THIS IS ITは「字幕版」だそうです!!

今年は、おうちでクリスマスですxmas

なごみでしたclover

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マイケル・ジャクソン             ♪ One More Chance ♪

shineMICHAEL JACKSON'S VISIONshine

マイケル・ジャクソン VISION【完全生産限定盤】 [DVD](10月18日以降のご注文分は発売日以降のお届け) マイケル・ジャクソン VISION【完全生産限定盤】 [DVD](10月18日以降のご注文分は発売日以降のお届け)

販売元:SMJ(SME)(D)
発売日:2010/11/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私は、Import のリージョンフリー(全世界共通)をポチッとしました。

Michael Jackson's Vision [DVD] [Import] Michael Jackson's Vision [DVD] [Import]

販売元:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
発売日:2010/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まだ、開けてないhappy01

楽しみにしている方は観ないでくださいね。

ネタばれです ⇒ 

この曲は完成していたにもかかわらず、マイケルから名誉もお金も奪い取るために悪意に満ちた人たちによるでっち上げで今まで発表のタイミングを逸していた作品です。

。。。。。。。。。。

2003年11月20日

マイケル、シングル『ワン・モア・チャンス』のビデオ撮影のためにラス・ヴェガスに戻る。

この日の午後、マイケルはサンタ・バーバラの空港で逮捕される。

■マイケルの弁護人マーク・ゲラゴスは、マイケルが顔写真を撮られ、告訴内容についての忠告を受けた後、サンタ・バーバラ郡刑務所で300万ドルの保釈金を支払わなければならなかったと知らされた。

■マーク・ゲラゴスは言う。『マイケルは、このような嫌疑に対して憤りを感じると共に、、ひどいでっち上げだと捉えている。そして彼は、世間の人々が怒る気持ちも十分理解している。なぜなら、最も激怒すべき人物は他ならぬマイケルだからだ。今日はマイケルに代わって私が話す権利を与えられたので僭越ながら申し上げるが、これらの嫌疑はまったくの濡れ衣だ。彼はメディアなとではなく法廷で、これらの言いがかりに真っ向から立ち向かうだろう』。

。。。。。。。。。。マイケル・ジャクソン全記録より抜粋。。。。。。。。。。

この日から、マイケルは心も体もすり減らしながら、苦しい裁判を強いられていったのです。

マイケル裁判については、こちらもご覧ください → 

今日は満月なんですよねfullmoon

東京は、かくれんぼしてますcoldsweats01

http://www.youtube.com/watch?v=L95EkNS4TBk

なごみでしたclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつもゼロの状態ではじめる               ~ 心の状態 ~

何かに、自分の状況を把握されているかのごとく

今の自分に必要な言葉が私の目に飛び込んでくる。

以前、友人に勧められて、私が図書館で借りて読んだ本。

『ハワイに伝わる癒しの秘法 みんなが幸せになる ホ・オポノポノ』

まだ感覚が鈍かったのか、私が理解するには、難しかったのです。

経験は増えていくのだが、それをクリーニングする…?

。。。。。。。。。。

【世界一風変わりなセラピスト】

by Dr. Joe Vitale(ジョー・ヴィターレ)
www.mrfire.com

二年前に、ハワイに住む一人のセラピストの話を聞いた。

その人は触法精神障害者(訳注:刑法罰に問われたものの、
精神障害を理由に不起訴、減刑、あるいは無罪となった人のこと)
の病棟に収容されていた人たち全員を、
誰一人診察することなく癒したそうだ。

その心理学者は患者のカルテを読み、自分がどのようにしてその人の
病気を創りだしたのかを理解するために、自分の内側を見たのだそうだ。
彼が自分自身を改善するにつれて、患者も改善したという。

最初にこの話を聞いたとき、都市伝説だと思った。
自分自身を癒すことによって他の誰かを癒すなんて
ことがどうやってできるだろう?

最高の自己改善の達人であったとしても、
どうやって触法精神障害者を癒すことができるだろう?

私には理解できなかった。
論理的な話ではなかったので私は受け入れなかった。

しかし、一年後に同じ話をまた聞くことになった。
セラピストはホ・オポノポノというハワイの癒しの
プロセスを使ったのだという。

初めて聞くものだったが,忘れることができなかった。
もしその話が本当なら、私はもっと知らなければならなかった。

私は「完全な責任」とは、私の言動に対する責任は
私にあるという意味だと前々から理解していた。

その向こうのことは、自分の管理を離れていると。
ほとんどの人たちは完全な責任というものを
そのように考えているのではないかと思う。

私たちは自分の行いに対して責任があるのであって、
他の人の行いに対してではない。
精神病の人々を癒したハワイのセラピストは、
私に完全な責任についての進化した新しい観点を教えてくれることになった。

彼の名はイハレアカラ ヒューレン博士。
私たちは最初の電話でたぶん一時間は話しただろう。
彼にセラピストとしての仕事の全貌を語ってくれるようお願いした。

彼はハワイ州立病院で4年間働いたことを話してくれた。
触法精神障害者を収容していた病棟は危険なところで、
心理学者は月単位でやめていき、
職員はよく病欠の電話をかけてきて、やめていく人もいたそうだ。

人々がその病棟内を歩くときには、患者に攻撃されないように
背中をくっつけて通ったらしい。
それは生活するにも働くにも訪ねるにも心地よい場所ではなかった。

レン博士は一度も患者を診なかったのだそうだ。
彼は診療室を持って患者らのファイルに目を通すことには合意した。
それらのファイルを見ながら、彼は自分自身に働きかけた。
彼が自分自身に働きかけるにつれて、患者に癒しが起きはじめた。

「2、3月後には、以前は手足を縛られていた患者たちが、
自由に歩くことを許可されていました」と彼は言った。
「多量の投薬が必要だった人たちは、投薬をやめつつありました。
そして退院の見込みのなかった人たちが退院していったのです。」

私は畏敬の念に打たれた。

「それだけではありません」彼は続けた。
「職員が仕事に来ることを楽しみ始めたのです。
常習的欠勤や退職は消え去りました。
患者は退院していくし、職員全員が仕事に来るようになったので、
最後には必要以上の人数の職員が残りました。
現在、その病棟は閉鎖されています。」

ここで私は問わなければ気がすまなかった。
「それらの人々に変化をもたらすような何を、
あなたは自分自身の中で行っていたのですか?」

「私は彼らを創りだした自分の中の部分(パート)を
癒していただけです」と彼は言いました。

私には分からなかった。

。。。。。。。。。。

今頃になって、ふと気が付いたのです。

そして、たどり着いたのが、この対談。

対談:イハレアカラ・ヒューレン氏 → 平和は自分自身から始まります

こちらが、こうすれば、相手はこうするだろう。

そんな期待を手放す(クリーニングする)こと。

自分を信じることは生きていく中でとても重要だと思う。

でも、それとは別に、他人に対して勝手に過剰に信じ込んでしまうことがあります。

過信です。

私が困ったなと思う過信は・・・、「他人に期待すること」。

「きっとこうしてくれるだろう」

「こうあって欲しい」

「ああ言ってくれるに違いない」

相手に対する期待が膨らむ時って、ありませんかsign02

「普通だったら、こうなるはずなのに…」

この、普通がやっかいです。

これは、あくまでも、自分の中だけの普通。

普通の感覚は、人それぞれ微妙に違います、自分のそれとは必ずしも合致しないこともある。

でも、期待を裏切られたときの、ショックや傷付き。

自分が勝手に期待したくせに、相手への怒りや憎しみや攻撃性が生じたりして・・・punch

人間って、勝手な動物ですよねcoldsweats01

私はホ・オポノポノで、「期待する」という感情を、クリーニングするようになりました。

すると、とても楽になってきました。

自分に対しては怠惰な面を律しやすくなり、他人に対しては期待を手放し、ありのままを受け入れ易くなってきたのです。

今まで、何度となく、ちょっとした 『期待を裏切られる出来事』 たちが気になって仕方なかった。

ショックだったり、悲しかったりで、感情の波が大きくなると、すごく疲れます。

なので、なるべくフラットに冷静を保てるように、クリーニングしました。

すると、相手との間でコミュニケーションのズレが生じていたことに、ふと気が付くことが出来たんですflair

恐らく、私の頭の中では、大丈夫だろう…という、一方的で楽観的な思い込みがあったんです。

相手への期待や要求が、強過ぎたんですね。

つまり、こちら側から見える景色に囚われるばかりではなく、物事を多面的に見る重要性を、改めて学んだのです。

たとえば、雨が続くと洗濯ものが乾かなくて、“嫌だなぁ”と思ってしまう人もいるけれど、一方では、農作物にとっては、恵みの雨であるということ。

以前なら、どっぷり落ち込んでいたなぁと思います。

感情の嵐に流されていたら、気が付けないこと。

自分の感情のコントロールができると、自然に物事が良い方向に転がり始める喜びを実感している今日この頃ですhappy01

これからも私は、過剰な期待をクリーニングし、自分の感情をゼロ(リセット)にする努力をしながら、一日一日を過ごしたいと思いますgood

 heart04ありがとうheart04
shineごめんなさいshine
  noteゆるしてくださいnote
 kissmark愛していますkissmark

http://www.youtube.com/watch?v=t-p6uA9yKM8

今の私なら、はっきりとわかります。

マイケルはこの時、自分に降りかかる物事に対して、無かったものとフタをするわけでも、感情的に怒るわけでもなく、冷静に向き合って、浄化していたんだなぁと。

心ない相手の行動に対する怒りの感情でいっぱいになるより、自分にとっての大切な人、自分の苦しみを理解してくれる人への感謝の気持ちで心が満たされた方がはるかに心地よいことを知っていたんだよね。

だから、あの苦しい裁判の最中でもフラットでいられたのかな。

自分にとって敵か味方かという観点に立つと、相手に対する自分の態度に表れるものだが…

マイケルは相手も自分もひとりの人間として同じことのように受け入れていたんだと。

『マイケル・ジャクソン裁判 あなたは彼を裁けますか?』での著者注として綴られているこの部分。

。。。。。。。。。。

時には、世界を敵に回しているような気分にもなった。

マイケルも、このような気持ちで生きてきたのであろうか?

気力を挫かれぬように、私は公判中にマイケルが挨拶してくれた時のことを思い返し続けた。

休憩中の廊下で起こった出来事である。

私はまるで蝋人形を見つめるかのように、マイケルを凝視していた。

マイケルは私を見ると、いきなり「ハイ!」と声をかけてきた。

彼に声をかけられて、私は心底驚いた。

彼はおどけていた。

私は、そのユーモアを愛した。

マイケル・ジャクソンに会ったことはあるか?

常に訊かれる質問だ。

私の答えは「イエス」である。

しかし、実際のところ、私は自己紹介をしたこともない。

そして彼は、もちろん私のことを知らない。

一度だけ、私はメディア専用エリアで彼に質問をした。

裁判当初、マイケルがまだメディアの質問に答えていた頃の話である。

ネバーランドのゲートに集まるファンと話をするのか?

私はマイケルに尋ねた。

マイケルは既に前を歩いていたが、振り返って私を見つめると、

「僕はファンが大好き。ファンを愛しているんだ!」と答えた。

まるで、大切なのはファンだけ、と言っているかのようだった。

。。。。。。。。。。マイケル・ジャクソン裁判 あなたは彼を裁けますか?。。。。。

これは当時の裁判中に、マイケル・ジャクソンを破滅に追い込むために、検察側の主張に合わせて、報道を意図的に歪めるようなジャーナリストのひとりアフロダイテ・ジョーンズが感じたマイケルの姿です。

たぶん、裁判中の廊下で挨拶した人は誰か?とは、ふだん、たくさんのメディアに追いかけられていたマイケルにとってはどこの誰だったとはすべて把握できていないでしょう。

なので、敵か味方かと判断する前に、ごく自然にわけ隔てることなく挨拶したのかも知れません。

たぶん、マイケルにとってはそれは特別なことでもなく、条件反射に近い反応なのでしょう。

でも、敵視している側にとってみては、驚きだったのです。

ここでも、人は自分の味方には笑顔で挨拶するけど、敵にはしない、というような思い込みをするわけです。

つまり、自分だったら、敵に対して笑顔で挨拶なんかしないと思っているから、相手もそうだと思ってしまうのです。

わかりますか?

他人への疑惑って、自分の鏡だったりするんですよね。

マイケルの対応を知ると、自分もピュアに人と関わっていきたいと思いました。

原因はすべて、自分で作っているということが分かったからです。

これは、2002年11月21日、ドイツのベルリンで行われた“Bambi Awards”授賞式

『Pop Artist of Millennium』の栄誉を受けた際のスピーチです。

http://www.youtube.com/watch?v=Ev8WS87Ix7M

。。。。。。。。。。

プレゼンターのボリス・ベッカー(テニス選手)からトロフィーを受け取り、簡潔に平和へのスピーチをしました。

M : ありがとう、どうもありがとう。 まいったな… すみません、このメガネをかけなくちゃいけないので、よし、いこう!親愛なるドクターBurda,親愛なるドクターTurnhofer,レディース・アンド・ジャントルマン。私はドイツ訪問の素晴らしい思い出があります。ベルリンに戻ってくると…ベルリン、エネルギーに満ち溢れた街。私にとってはとても特別なのです。Berlin, ich liebe dich(ドイツ語:ベルリンを愛してます!)

9.11は私たちの世界を変えました。ベルリンの壁が崩壊したのは大昔のことではありません。しかし、新しい壁が出来てしまったのです。1989年、ドイツの人々は言いました、Wer sind ein Vok(ドイツ語:我々は1つの国民。)

私たちはドイツ人です。私たちはアメリカ人です。フランス人、イタリア人、ロシア人、アメリカ人、アジア人、アフリカ人、…他にも多くの国民性があります。私たちはキリスト教徒であり、ユダヤ教徒であり、イスラム教徒であり、ヒンドゥー教徒です。私たちは黒人であり、私たちは白人です。私たちは多くのさまざまな違いを持ったコミュニティであり、とても複雑ですが、でもとてもシンプルでもあります。私たちは戦争をする必要はありません。

そして、ドイツの子供たちに、私はこう言いたいのです。 君が必要なんだ。世界が君を必要としているんだよ!どうか、君の夢に向かっていって欲しい。君の理想へ、それが何であれ…君は、君がなりたいと思うもの何にでもなれるんだよ。宇宙飛行士や、有名な科学者、有名な博士に。そして、もちろん、有名なアーティストにも…そうしたら、君も僕のようにバンビ・アワードが取れるかも知れない。

みなさんに知っていて欲しい、私はドイツが大好きで、私の心のとても特別な場所を占めているのです。I love you so much …本当に。

常に命の贈り物に感謝を。みなさん、ハッピーで、楽しんでね。I love you.

。。。。。。。。。。

マイケルはこの時、人前で初めて老眼鏡をかけたらしく、とても恥ずかしかった気持ちをベルリン滞在中のインタビューで語っています。

前日にはチャリティー・パーティーにも出席しています。

ドイツのストリート・キッド(職もなく、路上にたむろする子供たち)を助けるオフ・ロード・キッズの資金集めのためのパーティーでした。

このスピーチを、世界中のみんなが理解できるのなら、平和はすぐにやって来るのに。

やられたらやり返す、“目には目を” なんて繰り返していたら、争いは終わらない。

そんな時代は、もう遠い昔の話にしなくちゃ。

もう、みんな分かってるはずなのに。

どちらが優位に立てるかなんて、駆け引きを考えるより、仲良くできる方法を考えなきゃflair

なごみでしたclover

| | コメント (6) | トラックバック (0)

♪ What More Can I Give ♪      2001年9月11日

2001年9月11日の朝、テレビをつけると、どこの局でもツインタワーの映像が流れていました。

当時、まるで、ドラマか映画でも見ているかのような感覚でした。

この日、マイケル・ジャクソンはニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでソロ・キャリア30周年を祝うトリビュート・コンサートの直後でした。

マイケルの数万人のファンは、恐ろしい911テロのために、ニューヨークに取り残されたのです。

。。。。。。。。。。

マイケル、911テロの犠牲者となった家族や、生き残った人々のために、5000万ドルを集める曲をレコーディングしようと、エンターテインメント業界の知人に声をかける。

その楽曲『ホワット・モア・キャン・アイ・ギヴ』は、マイケルがプロデュースし、その収益金は犠牲者の家族、生き残った人々への救済基金へ寄付される。

マイケルは言う。

“僕は心の中で、音楽コミュニティーが何千人もの無実の犠牲者を助けるために、一つになれると信じています。救済のために膨大な資金が今、必要とされています。そして、この努力は僕たちの一人ひとりが多くの人々を癒すことにつながるのです。僕たちはそれを証明してきました。そして再び、音楽が僕たちのソウルに触れることができるのです。今こそ、この音楽の力を使いましょう。”

。。。。。マイケル・ジャクソン全記録より抜粋。。。。

この曲については、つい先日もご紹介しています → 

今回は、2003年10月27日にラスベガスで行われたRMAに出席し、Humanitarian Awardを受賞した時の映像です。

マイケルは、この年のノーベル平和賞の候補者165名の中に入っています。


Michael Jackson RMA 2003 - What More Can I Give
アップロード者 the_fuss. - 他の音楽動画をもっと見る。

http://www.dailymotion.com/video/x95cgg_michael-jackson-rma-2003-what-more_music

もう、9年、まだ、9年。

思いは様々ですね。 

私は、戦争を起こす正当な理由などないと思っています。

アメリカの基地の問題も本当は基地など、どこの国にも必要ないことが平和だと思うからです。

自分の国が正しいとか、自分以外の国が間違っているとか、正しいかどうかで分けてしまうことは危険です。

もし、お時間があればこちらもご一読してみてください → 正しさのワナ

ほどほどに、余裕を持つというか、自分と他者の隔たりをどれだけフラットにできるか。

私たちは地球家族なんだから、たまたま日本に生まれ落ちただけと心に落し込めるか。

あきらめろとか、がまんしろとか、自分を抑える意味ではなく、今気がついてない、より幸せな答えがあるはずだと、少しだけお互いに歩み寄る、軌道修正をしてみるだけ。

完全な勝利より、部分的な幸せを喜びたいなhappy01

なごみでしたclover

| | コメント (8) | トラックバック (0)

マイケル・ジャクソン            … 52回目の誕生日 …

shineHAPPY BIRTHDAYshine マイケル・ジャクソンheart04

少しでも強く、あなたを感じていたいです。

あなたと実際に逢ったことはないけれど、同じ時代に過ごせた奇跡に感謝ですshine

http://www.youtube.com/watch?v=RHpcKiGFw68

きっとあなたを忘れることはないでしょうconfident

あなたに想いをよせて、生きていきたいと思いますheart02

http://www.youtube.com/watch?v=68cn0qeYnw4

マイケル、生まれてきてくれて、ありがとうconfident

あなたは、世界中の人々に、たくさんの愛をプレゼントしてくれていたよね。

私たちにとって、あなたそのものが神様からの贈り物でしたribbon

shineREST IN PEACE Michaelshine

なごみでしたclover

| | コメント (11) | トラックバック (0)

BADワッペンにまつわるマイケルのファンへの深い愛

ミクシィのコミュでマイケル・ジャクソンとファンとの素敵なエピソードを見つけました。

とても、感動するお話でしたので、原文のままご紹介させていただきます。

「BADワッペンにまつわるマイケルのファンへの深い愛」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
DJジョンから聞いたマイケル感動の秘話

現在、東京で開催されていた
ネバーランド ライフタイム コレクションが場所を移し
大阪で開催されております。
(Michael Jacksonオフィシャル展示会)

その、第一会場最後の部屋の突き当たり角に
勲章やワッペンが、ガラスケースに入って飾られています。
その中に、「BAD」と装飾されたワッペンがあります。

(Michael Jacksonの代表曲の名称「BAD」)


この「BAD」と刺繍の入ったワッペンを私は今でもよく記憶しております。

そのワッペンについてのお話です・・・・

東京会場は、東京タワーにて開催されていました。
私も3回行きました。


その「BAD」と刺繍の入ったワッペンがガラスケースに
飾られていたのを、Michaelファンで行かれた方々は、覚えていらっしゃいますか?

(パンフレットには、載っていませんのでひとりひとりの記憶の中で確認して下さいね)

そのガラスケースには、きらびやかなマイケルのお気に入りコレクション
ワッペンや、ブローチ、ベルト、勲章、ほとんどがマイケルの特注物です。

私は、物凄く気になったのでこのガラスケースの記憶が鮮明にあります。
「BAD」と刺繍の入ったワッペンなど、ひとつしかなかったからです。
「MJ」や「J」の入ったワッペンは見たし分かるけど
なんでBADだけ?と思ったからです。
BADがあるなら、なぜTHRILLER、DANGEROUS、HIStory(Michaelのアルバム名称)は無いんだろう?
とか、他の代表的な曲名はないのかな?と必死にガラスケースを
見渡したものです。


その東京会場開催、初日での事
その「BAD」と刺繍の入ったワッペンが飾られている
ガラスケースの前で
ひざを折って泣き出した女性がいました。

セキュリティーが声をかけると

「あれは私が20年以上前にマイケルにプレゼントした手作りの物です!!」

と。

にわかに信じがたく、また開場中だったので、
閉館してから、スタッフがガラスケースを開けて
ワッペンを取り出して裏を見ると・・・

そこには、女性の言うとおり

 ・マイケル・ジャクソンへ
 ・メッセージ
 ・女性の名前

が刺繍されていたそうです。

マイケルの美術スタッフも
「確かにコレは、マイケルが特注したものでもなかったが、
マイケルが勲章入れのケースに大切に入れていたので、
経緯も分からずに、ただマイケルが大事にしていた物を
日本の人に見てもらおうと思って持って来た。
まさか、日本のファンの手作りだったとは!!」

と、大変驚いていたそうです。

マイケル・ジャクソンエステート(Michaelの財団)、ジュリアナ(この展示会の主催)等、全ての関係者が
その話を聞いて改めて

「マイケルはファンを大事に思っていた」

という事実を確認したそうです。

マイケルが口にする事・・・

それはただの綺麗事ではなく

本当にマイケルが思っている事

実践している事なんだと・・・

この話は、DJジョンさんが
「日本の皆さんに知ってもらいたい」
と言ってました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

NEVERLAND COLLECTION のHPはこちら → JULIAN'S

近隣の方は、このチャンスに足を運んでみてくださいね。

そして、このshineBADのワッペンshineは映画『ムーンウォーカー』にも登場しています。

http://www.youtube.com/watch?v=JnwCgiK4ZfA

ちょうど、7:06あたりから出てきます。

自分が作ったプレゼントが大好きなマイケルの映画のワンシーンに映っているって感激ですよねheart04

24431317_546358873_206small

お気づきになりましたか?

お写真まで拝借いたしました。

拡大写真はこちらです。

24431317_546359568_110small_2

マイケルフレンドさんありがとうございました。

それにしても、『ムーンウォーカー』の映画から、20年も経っていることを考えると、マイケルがファンからのプレゼントをとても大切に扱っていたことが分かりますよね。

ファンが今もなお増え続けているのも、理解できます。

BADについては、こちらを → BAD

もっともっと、大好きになってしまいますねhappy01

なごみでしたclover

| | コメント (4) | トラックバック (0)

明日が、お誕生日です☆

こちらのスピーチも以前、話題にしましたが → オックスフォード大学での講演

今回、新しくUPされたものをご紹介させてください。

http://www.youtube.com/watch?v=AqZRmUFCvKo

http://www.youtube.com/watch?v=rfaN_QNWiPg

http://www.youtube.com/watch?v=2WPYf-_U5PM

http://www.youtube.com/watch?v=Kt1-_0P9UfI

子供から孫の孫までず~っと語り継いでいきたいスピーチです。

。。。。。。。。。。

2001年3月6日

オックスフォード・ユニオンで行われるマイケルの新しいチャリティー・プロジェクト『ヒール・ザ・キッズ』の設立パーティーには、2万人以上の希望者が殺到したが、入場できたのは数百人程度だった。

178年の歴史を誇る講堂は、マイケルが35分にわたってスピーチをしたことで興奮に包まれた。

ここで彼は『子供たちの普遍的な権利法案』の制定を呼びかけた。

heart 愛を渇望しなくとも、愛される権利

heart それが当然でなくとも、守られる権利

heart 何もない世界に生まれてきたとしても、価値があるものを感じられる権利

heart 相手が興味を持たなかったとしても、主張を聞いてもらえる権利

heart 夜のニュース番組やドラマ「イーストエンダーズ」などに邪魔されることなく、ベッドタイム・ストーリー(寝かしつけるためのおとぎ話)を読んでもらえる権利

heart 学校で、銃弾が撃ち込まれることなく、教育を受けられる権利

heart かわいらしいと愛される権利(たとえ、実の母親しか愛さないような顔だとしても)

最後にマイケルはこう述べた。

“今日より、新しい歌が生まれます。

その歌には、子供たちの笑い声を響かせましょう。

子供たちが遊んでいる声を入れましょう。

子供たちの歌声を吹き込みましょう。

そして、その新しい歌には、親が耳を傾けている音も入れましょう。

共に心のシンフォニー(交響曲)を奏で、子供たちの奇跡に驚嘆し、愛の日光浴に身を委ねましょう。

僕たちで世界を癒し、その痛みを和らげましょう。

僕たちが素晴らしい音楽を一緒に作れますように。

神のご加護を。

アイ・ラブ・ユー”

。。。。。。。。。。マイケル・ジャクソン全記録より抜粋。。。。。。。。。。

http://www.youtube.com/watch?v=pIMNoP-fGXs

なんて優しい声なんだろうconfident

泣けてくるweep

ユーコ先生も、サイーダさんも映ってるmovie

マイケルと関わった人たちがたくさんいて、こうしてマイケルのメッセージを受け取った私たちがいて、今度は私たちが次の世代に伝えていこう。

生まれてきてくれてありがとうheart04

私はあなたが大好きですhappy01

なごみでしたclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ、お誕生日がやってきます☆

以前にも、ご紹介済みですが → あなたは、誤解されたことありますか?

マイケル・ジャクソン52回目の誕生がもうすぐなのであらためてもう一度shine

http://www.youtube.com/watch?v=t-p6uA9yKM8

マイケルは、歌もダンスも天才的な才能を持ちながら、決して慢心することなく、常に謙虚な姿勢で努力を惜しまない人であった。

私は、そのように解釈しています。

世界中のさまざまな病院を訪れたり、慈善事業を支援していました。

以前、こちらにまとめました → マイケル・ジャクソンの社会貢献について

http://www.youtube.com/watch?v=v7baeBy7E-w

http://www.youtube.com/watch?v=8qqUuzhGLt8

2001年の同時多発テロの直後にワシントンDCで行われた『United We Stand:What More Can I Give』のコンサートで300万ドルの収益が上がり、この収益金は、9.11の犠牲者を助けるチャリティーへ寄付される。

この2001年10月21日に行われた8時間にも及ぶマラソン・ライブは、のちにABCテレビで2時間に編集して放送。

アルバムを発売することが出来ずに、オンラインによる1回2ドルのダウンロード方式で世に出せたのは2003年10月だった。

しかも、期間限定なので今も正規には発売されていません。

。。。。。。。マイケル・ジャクソン全記録より抜粋。。。。。。。

発売して欲しい曲のひとつですnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己成長のための心理学         ~ ④自立(デッドゾーンの向こう側) ~

人生には一生懸命やってきたんだけど、もう限界かな? と感じることがあります。

乗り越えられない大きな壁に遭遇する時期をデッドゾーンと呼びます。

デッドゾーンは自立の最終段階で、この時期では、義務と役割にはまったり、燃え尽きてしまったような感じを受けたり、失敗ばかりを悔んだり、すべて投げ出したくなるような絶望を感じてしまいます。

恋人関係でいうならば、倦怠期でしょうか?

会話もなく二人でいる意味も分からぬまま惰性で過ごしているような虚しさを感じてしまう頃。

二人の間に愛を感じないようになってコミュニケーションも無くなってしまった関係。

『もう終わりにしましょう…』と切り出され、愛の灯が今にも消えてしまいそうな状態。

夫婦関係で例えると、お父さん、お母さんの役割。

給料を持ってくる側、家事をする側の役割にこだわってしまい、義務感に追われているうちに、いつしか二人の間に倦怠期が訪れる時期。

仮面夫婦も二人の愛が冷めてしまっているので、夫婦としての関係はデッドゾーンということですね。

仕事関係では、一生懸命にやっている仕事の中に満足感が感じられなくなり、ただ疲れと今までの苦労の意味の無さを感じてしまう時期。

『私は、この10年間、何のために働いてきたのだろう?』という感じです。

そして、仕事にやりがいを見出せず、義務と役割にはまり込んでしまいます。

どんな場合であっても、デッドゾーンに来るまでは、二人の関係を修復しようと誤解やすれ違いをなくそうと努力をしてきたし、仕事でも頑張っているのです。

自分なりに努力してみたものの、上手くいかない、だから余計に傷ついたのです。

デッドゾーンでは、あきらめ、絶望、義務と役割、燃え尽きた感じ、疲れなどを感じます。

この、とっても苦しい状況のデッドゾーンを乗り越えるためのヒントを探してみました。

ひとつは、ビジョン(将来の構想や理想)を持つことです。

恋人関係でのデッドゾーンは、二人の未来に諦めと絶望を感じています。

二人の関係を改善するために努力しようと思っても、デッドゾーンにはまっているとき、疲れきって打たれ弱くなっていますから、ちょっとした失敗や、相手の反応の悪さでも過敏に反応してしまい余計に落ち込んでしまいます。

こんなときに、ビジョンを持てるかどうかです。

たとえば、冷めきった二人の関係が癒されて、見栄を張らずありのままの彼を愛せるようになりたい、そして、素のままの自分で彼に接するようになり、そして幸せに暮らしたい。

というような、このデッドゾーンを乗り切って、あの人と楽しく暮らしたい。

自分が本当に望んでいるビジョンを描くと良いのです。

本当に苦しいです。

でも、苦しい中でも、痛みを癒したり、コミュニケーションや、コミットメントなどに取り組んでいく必要がある場合に、ビジョンが大きく影響してきます。

分かりやすく、ご紹介すると。

夏にテレビで高校野球を放送していますが、甲子園で優勝するようなチームは当然練習もたくさんしています。

春・夏・秋・冬と暑い日も寒い日も晴れていても雨であっても、毎日欠かさず練習をしています。

朝早くから練習、昼は休憩時間にも筋肉アップトレーニング、放課後は夜遅くまで練習、もしかしたら、自宅に帰ってからも寝る時間も惜しんで自主練習をしているかも知れません。

1,000本ノックに、グランド50周、腕立て、腹筋、うさぎ跳び等々、ありとあらゆる特訓をします。

なぜなら、甲子園に行きたいから、試合に勝ちたいという目標や夢があるから。

もし、甲子園も試合も無く、ただひたすら、1,000本ノックに、グランド50周、腕立て、腹筋、うさぎ跳びの日々だったらどうでしょう?

何のために、こんな厳しい練習をしているのか、わかりませんよね。

要するに、何のためにこのデッドゾーンを超えたいのか、そのビジョンを明確に描くことでデッドゾーンを超える可能性が大きくなっていきます。

もうひとつは、誰かに助けを求めることです。

だって、デッドゾーンに来たってことは、自分なりに頑張って工夫をしてみたけど…、だけど上手くいかなかったから…、ひとり、落ち込んでいるわけです。

自分のやり方や、発想には答えが見つからなかったということ。

ですから、自分のやり方や、自分ひとりでこの問題を乗り切ろうと考えず、誰かに助けを求め、違うやり方や、違う発想を取り入れることが非常に大事なのです。

デッドゾーンの中で、自分なりの答えを見つけようとしても、出てくる答えはネガティブなものばかりで、ますます諦めや絶望の深みにはまってしまうことも多くあります。

手を差し伸べてくれる、希望という別の可能性を提案したり、話を聞いてくれる誰かの存在が必要です。

そうはいっても、周りにそんな人がいないとか、デッドゾーンは自立の最終段階なので、自立したいマインドが強い方も多く、『人の助けは借りたくない自分で何とかしよう』とかたくなに他人の介入を拒む場合もあります。

確かに、自分で何とかしようという心や、プライドも大切ですが、それよりも問題を乗り切ること、解決すること、楽になること、幸せを感じることの方が先決なのです。

誰かに助けを求めると言っても、おんぶに抱っこをするわけではなくて、参考にしてみる。

広く情報を求めて、最善の方法を模索するという意味なので、結局乗り切るのは自分の力なんですから、遠慮せずに誰かに助けてもらいましょう。

デッドゾーンという大きな壁を乗り越えた向こう側には、乗り越えただけのあなたが納得のいく答えが待っていることでしょう。

新たな出逢いや希望、人それぞれ待っていることは違いますが、確実に以前の自分とはレベルが上がっているので、より強く、優しく、大きくなっている自分を感じることは間違いないでしょう。

乗り越えられたという充実感、満足感、達成感によって、出来る自分の姿に自信が湧いてきます。

そして、感謝を込めて、今度は周りの方に手を差し伸べることもできるはずです。

こうして、相互依存の関係に身を置けるようになると、あなたも私もお互い様だと認め合う気持ちが持てるようになっていきます。

昔、自分が苦しんでいたこと、そして乗り越えたこと、たくさんの周りの人たちが手を差し伸べてくれたこと、そして今の自分が存在していることが、有難くて仕方ないのです。

ここまでくると、どうでしょう?

もし、次にデッドゾーンが訪れたとしても、乗り切れるような感じが心に刻まれませんか?

もう、怖くないですよね。

だって、同士がたくさんいるんですよ!

あの人も助けを必要としているのかも知れません。

恥ずかしがらずに、手を繋いでくださいねwink

今のあなたは、昔の私なのです。

みんな繋がっているんです。

<a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm9058992">【ニコニコ動画】【pt.2】♪Beautiful Girl ♪(FOXNewsマイケル独占インタビュー2005年より)</a>

<a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm9131843">【ニコニコ動画】【pt.3】FOXNewsマイケル独占インタビュー(和訳)2005年Michael_Jackson</a>

<a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm9193920">【ニコニコ動画】【pt.4】FOXNewsマイケル独占インタビュー(和訳)2005年Michael_Jackson</a>

もうすぐ、マイケルの誕生日なんです。

私が、ちゃんと心の目でマイケルを理解したのは、彼が天に召されてからです。

マイケルは、とても真摯な、謙虚な人だったと思います。

尊敬していますし、これからもお手本にしていきたい大事な方です。

マイケルが体験したであろう、デッドゾーンがいかなるものであったかはマイケルでしか分からないことですが、絶望の中でも、諦めること無く前向きに生きた姿には、人間の強さを感じます。

周りの人に裏切られ続けたのに、悲しいです、とか、傷つきます、とか…

決して、相手を責めていなかったように思います。

いろいろと攻撃されて自分が傷ついたから、自分は相手に同じことは出来なかったのかな?

神様は、その人が乗り越えられない試練は与えないと聞いたことがあります。

そう信じていることが、自立への糸口になるかも知れません。

あらゆる分野で成功している人の価値観は、共通しているのでしょうね。

自分に負けない強さだったりするのかな?

もっと自分に対して強くなりたい。

なごみでしたclover

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧